熊谷市 暑さ対策バンク

日除け(すだれ・よしず・シェード)

更新日:2018年7月3日

光を遮り、暑さ対策と電気代の節約をしましょう。

室内に入る熱の73%は「窓」から入ってくるといわれています。窓からの日射の侵入を防ぎ、室温の上昇を抑制して冷房用エネルギーを削減しましょう。
日本で古くから使用されてきたよしずやすだれは、光を遮りながら涼しい風を取り込むことができます。
なお、よしず・すだれが吸収した熱を屋内に持ち込まないよう、屋外に設置すると効果的です。
クーラー等を使用する場合も、設定温度を普段より高めにし、よしずやすだれと一緒に使用することで、電気代の節約が可能です。

株式会社LIXIL(リクシル)とのコラボレーション

市立保育所、子育て支援拠点、箱田高齢者・児童ふれあいセンターの計12か所に、合計66セットの外付け日よけ(スタイルシェード)を設置していただきました。


室内熱中症対策強化宣言式の様子

すだれが保育所に設置されています。
元気に遊ぶ子どもたち

すだれのアップ写真です。
このように外側にシェードがついています。

お問合せ

政策調査課
電話:048-524-1111(代表)内線368、369
ファックス:048-525-9222
この担当課にメールを送る