このページの先頭です
このページの本文へ移動

本文ここから

あっぱれ・冷ませ・保育所花いっぱい事業(冬の部)

更新日:2008年12月1日

事業の目的

市内13か所の公立保育所に通う子どもたちが、四季の花を植え緑化を推進します。併せて、子どもたちが自ら植えた花々を育て大事にすることで、自然を大切にする心の醸成を図ります。

第4回目の保育所花いっぱい

小春日和の空の下、保育所の子どもたちがパンジーとビオラの植え付けを行いました。


 「このお花のお名前なんていうの!」
 「大きな花びらが バンジー
   
      小さな花びらは ビオラだよ!」


     「春まで元気に咲いてね!」


  「ぼくは、青い花を植えるよ!」
     
  「わたしは、黄色いお花を植えるね!」


    
    「あ 先生!
       ミミズがいたよ!」


  「みんなで、がんばって
    いっぱい! いっぱい!植えよう!」


  
   「先生! わたし植えるの終わったよ!」


 
「植える前に、落ち葉をきれいに片付けて、
        お花を植える穴をほって、
               準備完了!」


  「卒園する頃には、花だんいっぱい
           おおきくなるよ。!」

このページについてのお問合せは

保育課
電話:048-524-1111(代表)内線296、431、570、538 ファクス:048-521-0520

この担当課にメールを送る

本文ここまで

メインメニューへ戻る

本文に戻る

このページの先頭に戻る

ページ上部へ