このページの先頭です
このページの本文へ移動

本文ここから

トイレットペーパーに掲載中。熱中症の予防法・対処法

更新日:2018年7月2日

熊谷市では一部の公共施設や駅、スポーツ施設、道の駅などで、熱中症の予防や対処法を掲載したトイレットペーパーを設置しています。また、熱中症予防のため声かけに協力していただいている市内店舗にも、お渡ししています。
トイレットペーパーを使う前に、ほんの少しだけ、お時間をいただいて読んでもらえたらと思います。
ここでは、トイレットペーパーに記載した情報を改めて紹介します。

熱中症予防トイレットペーパーです。トイレットペーパーに字が印刷されています。
熱中症予防や対処法を記載したトイレットペーパー

こんな症状があったら熱中症を疑いましょう。

  • めまい、立ちくらみ、筋肉痛、汗が止まらない、気分が悪いなど
  • 頭痛、吐き気、体がだるい、虚脱感など
  • 意識がない、けいれんする、体が熱い、呼びかけに対し反応がおかしいなど

熱中症かもしれない人がいた時の対処法

意識がある場合

  1. 涼しい場所へ避難させ、体を冷やします。
  2. 自分で水を飲める場合は、飲んでもらいます。飲めない場合は医療機関へ。
  3. 十分に飲んだ後、帰宅してもらいます。症状が改善しない場合は医療機関へ。

意識がない場合

  1. 救急車を呼びます。
  2. 救急車が来るまでの間、涼しい場所に避難させ、体を冷やします。意識がないときに、無理に水を飲ませてはいけません。
  3. 医療機関へ搬送してもらいます。

熱中症予防法1 水分と食事をしっかりとりましょう。

  • 水分は一度にがぶ飲みせず、こまめに少しずつ飲みましょう。
  • 喉が渇く前に飲みましょう。
  • 普段は水やお茶を飲み、たくさん汗をかいたときは塩分も一緒にとりましょう。
  • 栄養バランスの取れた食事を3食きちんと食べましょう。

クックパッド熊谷市公式キッチンも参考にしてください。

熱中症予防法2 暑さを避ける工夫をしましょう。

  • 日傘や帽子で直射日光を防ぎましょう。
  • なるべく日陰を歩きましょう。
  • 明るい色の服、風通しのよい服、汗を吸いやすい服を着ましょう。
  • 暑いときは無理せず、エアコンを使いましょう。扇風機を一緒に使うと効果的です。

えんむすび日傘でおしゃれに涼しく妻沼のまちを歩いてみませんか?

熱中症予防法3 暑さに負けない体づくりをしましょう。

  • 軽く汗をかくくらいの運動を続けることで、体が暑さに慣れて熱中症になりにくくなります。
  • 本格的に暑くなる前の時期から運動を始めると効果的です。
  • 涼しい時間帯に運動をしましょう。

熱中症予防法4 油断・無理をしないようにしましょう。

  • 暑いときや体調が悪いときは、無理せず休憩を取りましょう。
  • 誰でも熱中症になる可能性があります。「私は大丈夫」と思わず、きちんと予防しましょう。
  • 急に暑くなったときや、部屋の中にいるとき、曇っていても蒸し暑いときなど、油断しないようにしましょう。

熱中症予防法5 皆がお互いに注意しましょう。

  • 自分が熱中症を予防するだけでなく、周りの人にも注意しましょう。
  • 高齢者、小さな子ども、病気の方などは特に注意が必要です。
  • 様子がおかしいと思ったらすぐに医療機関に相談しましょう。

このページについてのお問合せは

政策調査課
電話:048-524-1111(代表)内線368、369 ファクス:048-525-9222

この担当課にメールを送る

本文ここまで

メインメニューへ戻る

本文に戻る

このページの先頭に戻る

ページ上部へ