このページの先頭です
このページの本文へ移動

本文ここから

「暑さ対策」中学生サポーター事業

更新日:2013年7月23日

事業の目的

(1)熱中症の正しい知識と予防・対処方法を学ぶことにより、熱中症の発生を予防し、適切な対処ができる中学生を育成します。
(2)中学生が命の尊さや大切さについて学びます。

事業の内容

市内の公立中学生全員を「暑さ対策サポーター」に養成します。
1年生:熱中症予防の知識や適切な対処方法を学ぶ講習を受講
2年生:消防職員(救急隊員)による「応急処置の意義とAEDの使用方法」の学習、訓練用AEDとマネキンを使って心肺蘇生法の実習
3年生:防災無線による放送や、運動会・防災訓練などの行事で地域の皆さんに学んだことを発信

このページについてのお問合せは

学校教育課
電話:048-524-1111(代表) 内線386

本文ここまで

メインメニューへ戻る

本文に戻る

このページの先頭に戻る

ページ上部へ