このページの先頭です
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設案内
  • 市政情報
  • 観光・イベント
サイトメニューここまで


本文ここから

歓喜院聖天堂(かんぎいんしょうでんどう)

更新日:2012年7月9日

【国宝 妻沼】

歓喜院聖天堂

 平安時代末期に斎藤別当実盛が大聖歓喜天だいしょうかんぎてんをまつったのが始まりと伝えられる聖天堂は、宝暦10年(1760)に完成した江戸時代中期を代表する彫刻建築です。奥殿を中心に、壁面や各部材は精巧な彫刻で埋められ、置上彩色おきあげさいしきという高度な技法をもちいながら極彩色の彩色がほどこされました。
棟梁は妻沼の林兵庫正清はやしひょうごまさきよとその子正信で、幕府や大名、豪商の援助を受けた記録は残されていないため、庶民の力によって再建されたと考えられています。
 平成15年から8年を掛けて「平成の大修理」と呼ばれる保存修理工事が実施されました。平成24年7月9日、国宝に指定されました。

このページについてのお問合せは

江南文化財センター
電話:048-536-5062(直通) ファクス:048-536-4575

この担当課にメールを送る

本文ここまで

ページの先頭へ

以下フッターです。

熊谷市役所

〒360-8601 埼玉県熊谷市宮町二丁目47番地1

電話:048-524-1111 FAX:048-520-2870

開庁時間:月曜から金曜まで(8時30分から17時15分まで)

Copyright © Kumagaya City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る