このページの先頭ですサイトメニューここからサイトメニューをとばして本文へ
熊谷市
サイトマップ
  • くらしの便利帳
  • 施設案内
  • 熊谷市について
  • 観光・イベント情報

サイトメニューここまで

本文ここから

「歓喜院聖天堂」が国宝に指定

更新日:2012年7月9日

「歓喜院聖天堂」が国宝に指定されました。

歓喜院聖天堂
歓喜院聖天堂 奥殿の彫刻

 平成24年5月18日(金曜)に国の文化審議会から文部科学大臣に対して、妻沼聖天山の本殿である「歓喜院聖天堂」は国宝に指定するにふさわしいとの答申が出されました。同年7月9日(月曜)の官報にて告示があり、同日付で正式に国宝として指定されました。
 
 歓喜院聖天堂は、享保20年(1735)から宝暦10年(1760)に掛けて、林兵庫正清及び正信らによって建立されました。これまで知られていた彫刻技術の高さに加え、修理の過程で明らかになった漆の使い分けなどの高度な技術が駆使された近世装飾建築の頂点をなす建物であること、またそのような建物の建設が民衆の力によって成し遂げられた点が、文化史上高い価値を有すると評価されました。
 日光東照宮の創建から百年あまり後、装飾建築の成熟期となった時代に、棟梁の統率の下、東照宮の修復にも参加した職人たちによって、優れた技術が惜しみなくつぎ込まれた聖天堂は、「江戸時代建築の分水嶺」とも評価され、江戸後期装飾建築の代表例です。
 この度の国宝指定は、本県の建造物として初の栄誉であり、昭和25年の文化財保護法の制定以降、熊谷市においては初めての国宝指定となります。

関連情報

妻沼聖天山

情報発信元

江南文化財センター
電話:048-536-5062(直通) ファックス:048-536-4575
この担当課にメールを送る

本文ここまで


このページのトップに戻る 以下フッターです。
Copyright © Kumagaya City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る