このページの先頭です
このページの本文へ移動

本文ここから

あっぱれ・冷ませ・保育所花いっぱい事業(夏の部)

更新日:2009年8月3日

事業の目的 市内13か所の公立保育所に通う子どもたちが、四季の花を植え緑化を推進します。併せて、子どもたちが自ら植えた花々を育て大事にすることで、自然を大切にする心の醸成を図ります。

保育所花いっぱい (夏の部)


今年も、「あついぞ!熊谷」の季節到来の7月
保育所の子どもたちがマリーゴールドなど夏の花
を植え付けました。
花の成長を楽しみにしています。


マリーゴールドを植える時、顔を近づけて
「いいにおいがする!」
お花が?


「はっぱが....」
「お花もいいにおい!」


「はっぱがもじゃもじゃしている」
「オレンジがきれい!」


「この花、
たなばたのたんざくと同じ色のだね、
花が咲くように、願いがかなうといいね!」

お帰りのとき、いっぱいのプランターを見まわして、
「わたしがうえたお花はどれ?」
「ぼくがうえたお花はどこにあるの?」
「このプールのところだよ」と答えると、ちょっぴり得意そうに
「これ、わたしがうえたんだよ!」
「ぼくがうえたんだよ!」
とお母さんにお話。
みんなとってもうれしそうでした。

このページについてのお問合せは

保育課
電話:048-524-1111(代表)内線296、431、570、538 ファクス:048-521-0520

この担当課にメールを送る

本文ここまで

メインメニューへ戻る

本文に戻る

このページの先頭に戻る

ページ上部へ