このページの先頭です
このページの本文へ移動

本文ここから

あっぱれ・冷ませ・保育所花いっぱい事業

更新日:2008年10月1日

事業の目的

市内13か所の公立保育所に通う子どもたちが、四季の花を植え緑化を推進します。併せて、子どもたちが自ら植えた花々を育て大事にすることで、自然を大切にする心の醸成を図ります。

第3回目の保育所花いっぱい

空が高くすみわたり、木の葉のそよぎに秋の気配が感じられるようになった9月中旬、子どもたちが元気にジニア(百日草)の植え付けをおこないました。


    
   
     「ちいさな虫がでてきたよ!」


 「お水を たくさん、たくさん あげて
         秋の花よ げんきに育て!」


    「お花と一緒に、
        
           ハイ!チーズ!」


    
    
    「秋の花の 香りがするね!」


      「植え付け完了!
          バンザイ!」

第2回目の保育所花いっぱい

7月上旬夏本番を向かえた保育所の庭に、マリーゴールドやサルビアの植え付けを行いました。


   「花いっぱい
       大切に育てようね!」


      「あつい太陽に向かって
             大きく育て!」


  「水いっぱいあたえて、暑い夏を冷ませ!」


   「たくさん、たくさん花を植えよう!」


「花いっぱい
     
     みんなで、きれいに育てよう!」


「あつい夏も元気いっぱい!
 
  みんなで、ちからをあわせて植えたよ!」

第1回目の保育所花いっぱい

5月中旬から公立保育所13か所の園児がペチュニアの植付けを行いました。

「わ〜根っこがいっぱいのびてるね!」

「植えたところを上から少し押さえるんだよ.」

「お水をたっぷりあげるよ.」

「きれいな花をいっぱい咲かせてね.」

このページについてのお問合せは

保育課
電話:048-524-1111(代表)内線296、431、570、538 ファクス:048-521-0520

この担当課にメールを送る

本文ここまで

メインメニューへ戻る

本文に戻る

このページの先頭に戻る

ページ上部へ