このページの先頭です
このページの本文へ移動

本文ここから

株式会社LIXIL(リクシル)

更新日:2018年8月28日

株式会社LIXIL(リクシル)

熱中症搬送者の半数近くは、室内で発症しています。そこで、室内熱中症の危険性と予防について広く発信しています。

市と協賛で、室内熱中症予防セミナーを開催

平成30年6月2日(土曜日)に、室内熱中症予防セミナーを開催しました。
帝京大学附属病院高度救命救急センター長 三宅康史先生から「熱中症のメカニズムと予防・対策について」の講演、市と連携して小学校区や大字単位のミクロ単位で熱中症発症の実態と気象要素との関連性を把握する研究を行っている立正大学地球環境科学部の鈴木パーカー明日香助教からの研究発表のほか、市の暑さ対策事業や住まいの日よけ対策のポイントなどを紹介しました。

講演資料

帝京大学医学部附属病院 高度救命救急センター長 三宅康史先生の講演資料

立正大学 地球環境科学部 環境システム学科 助教 鈴木パーカー明日香先生の講演資料

LIXIL関東支社長 太田博明氏の講演資料

熊谷市政策調査課の発表資料

保育所等への日よけ設置

市立保育所、子育て支援拠点、箱田高齢者・児童ふれあいセンターの計12か所に、合計66セットの外付け日よけ(スタイルシェード)を設置していただきました。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページについてのお問合せは

政策調査課
電話:048-524-1111(代表)内線368、369 ファクス:048-525-9222

この担当課にメールを送る

本文ここまで

メインメニューへ戻る

本文に戻る

このページの先頭に戻る

ページ上部へ