このページの先頭です
このページの本文へ移動

本文ここから

打ち水

更新日:2018年7月3日

水で路面を冷やす

打ち水をすることで、路面温度が10℃(度)程度低下し、人が路面から受ける放射熱を減らすことができます。
手軽に実施でき、見た目の涼しさも演出します。早朝や夕暮れ時に打ち水すると、その効果が持続します。

 特に夕方に行うと、夜間まで路面温度の低下効果が持続します。雨水や風呂の残り水などを用いて、路面全体が濡れるようにまきましょう。

出典:環境省熱中症予防情報サイト 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。http://www.wbgt.env.go.jp/doc_scheme.php(外部サイト)

このページについてのお問合せは

政策調査課
電話:048-524-1111(代表)内線368、369 ファクス:048-525-9222

この担当課にメールを送る

本文ここまで

メインメニューへ戻る

本文に戻る

このページの先頭に戻る

ページ上部へ