このページの先頭です
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設案内
  • 市政情報
  • 観光・イベント
サイトメニューここまで


本文ここから

平成30年12月に自己所有の土地・家屋の売買契約をし、平成31年3月1日に買主への所有権移転登記を済ませました。平成31年度(令和元年度)の固定資産税は誰に課税されることになりますか?

更新日:2019年5月1日

回答します

 平成31年度(令和元年度)の固定資産税は、売主であるあなたに課税されることになります。
 固定資産税は毎年1月1日現在の所有者に対して課税されることになっており、仮に1月2日以降に所有権の移転が行われても、その年の納税義務者は変更されません。
 なお、売買契約などで固定資産税の負担の割合を按分あんぶんすることがあるようですが、固定資産税は年税のため特に定められていません。契約の際に売主と買主の双方で、話合いをされることをお勧めします。

このページについてのお問合せは

資産税課
電話:048-524-1111(代表)内線250、252

この担当課にメールを送る

本文ここまで

ページの先頭へ

以下フッターです。

熊谷市役所

〒360-8601 埼玉県熊谷市宮町二丁目47番地1

電話:048-524-1111 FAX:048-520-2870

開庁時間:月曜から金曜まで(8時30分から17時15分まで)

Copyright © Kumagaya City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る