中小企業融資制度

更新日:2020年9月29日

中小企業融資制度のご案内をします。
この制度は、市内中小企業の経営の合理化や近代化、体質強化を促進するために設けられた制度です。
現在、下記のとおり各種融資制度があります。
詳しくは商工業振興課までお問い合わせください。

1.一般事業資金

  • 貸付限度額3,000万円以内の事業資金が必要な事業主のかた

令和2年4月1日から令和3年3月31日までの申込みに係る融資については、貸付限度額は5,000万円です。

  • 年利1.7パーセント
  • 償還期間10年以内
  • 資金使途:運転資金、設備資金
  • 保証人:原則個人の場合は必要なし、法人の場合は代表者
  • 担保:必要に応じて徴する

約定どおり完済された方に、貸付元金(融資済額を含む)2,000万円を上限に信用保証料を補助します。
令和2年4月1日から令和3年3月31日までの申込みに係る融資について、貸付日から3年間は年間支払利子50パーセント以内の額、その後の2年間は支払利子25パーセント以内を補助します。

2.小口事業資金(特別小口無担保無保証人資金)

  • 貸付限度額1,250万円以内の事業資金が必要な事業主のかた
  • 年利1.7パーセント(平成29年4月1日から利率を引き下げました)
  • 償還期間10年以内
  • 資金使途=運転資金、設備資金
  • 保証人=必要なし
  • 担保=必要なし
  • 市県民税の所得割の税額があり完納していること(法人の場合は法人割)

約定どおり完済された方に、信用保証料を全額補助します。

3.緊急経営安定資金

  • 貸付限度額300万円以内の事業資金が必要な事業主のかた
  • 年利1.25パーセントから1.75パーセント
  • 償還期間1年以内
  • 資金使途=運転資金
  • 保証人=申込者と金融機関の協議による
  • 担保=申込者と金融機関の協議による

令和2年4月1日から令和3年3月31日までの申込みに係る融資については、期限内完済後に支払利子の100パーセントを補助します。(全額補助)

4.長期経営近代化振興資金

  • 貸付限度額商工組合中央金庫の株式を保有している組合で5,000万円以内(同組合員は2,000万円以内)の事業資金が必要なかた
  • 年利長期プライムレートマイナス0.3パーセント
  • 償還期間7年以内
  • 資金使途=運転資金、設備資金
  • 保証人=原則1人以上、資格は申込者と商工組合中央金庫の協議による
  • 担保=原則徴する

約定どおり返済されている方に、貸付日から5年以内、年間支払利子の25パーセント以内を補助します。ただし利子補助の対象は、組合員の場合は貸付元金1,000万円を限度とします。

5.経営合理化資金

  • 貸付限度額7,200万円以内の事業資金が必要な事業主のかた
  • 経営多角化、事業転換などにより、第二創業などを図るかたで、市長の指定する計画等の承認・認定を受けたかた
  • 年利日本政策金融公庫所定利率
  • 償還期間5から20年以内
  • 資金使途=運転資金、設備資金
  • 保証人=日本政策金融公庫との協議による
  • 担保=日本政策金融公庫との協議による

約定どおり返済されている方に、貸付日から5年以内、年間支払利子の25パーセント以内を補助します。ただし利子補助の対象は、貸付元金1,000万円を限度とします。

各資金共通の利用条件

  • 市税を完納していること
  • 中小企業者の要件を満たしていること
  • 市内に住所または事業所を有し、1年以上同一事業を営んでいること
  • 信用保証対象業務を営んでいること
  • 事業に必要な許認可等を受けていること
  • 信用保証料補助、利子補助は市外転出、市税滞納の場合、補助を打ち切る場合があります。

対象とならない資金

  • 借入金の返済にあてる資金
  • 住宅、乗用車、土地(工場移転資金を除く)の取得のための資金
  • 法令に違反する設備および市外に設置する設備のための資金

お問合せ

商工業振興課
電話:048-524-1470(直通)
ファクス:048-525-9335
この担当課にメールを送る