チャイルドシート・シートベルト着用促進運動

更新日:2021年7月19日

出発前に全席でシートベルトの確認を

8月1日(日)から31日(火)までチャイルドシート・シートベルト着用促進運動を実施します。
シートベルトは運転席や助手席だけでなく、後部座席でも着用が義務付けられています。
シートベルトを着用していないと、交通事故に遭った際、事故の衝撃で天井・ドア・前席に強打したり、車外に放出され後続車にひかれることがあるなど、大変危険です。
運転者は同乗者の命を預かっています。乗員全員へ着用を促しましょう。

子どもには体格に合ったチャイルドシートを

運転者は6歳未満の幼児を乗せて運転するときは、チャイルドシートを使用する義務があります。
だっこをしていたり、チャイルドシートを使用せず座席に座っている、体格に合わないシートベルトを着用しているなどの状態では、子どもを事故の衝撃から守ることはできません。
チャイルドシートは正しく着用しましょう。

関連情報

出発前に確認!チャイルドシートとシートベルト!(8月はチャイルドシート・シートベルト着用促進月間です)

お問合せ

安心安全課交通安全係
電話:048-524-1128(直通)
ファクス:048-521-0520
この担当課にメールを送る