グライダーを見に行こう!

更新日:2010年11月10日

熊谷市(くまがやし)には妻沼滑空場(めぬまかっくうじょう)というグライダーのための飛行場(ひこうじょう)があります。
利根川(とねがわ)の近くではグライダーが飛んでいるようすがみられます。
妻沼滑空場(めぬまかっくうじょう)ではグライダーのそうじゅうぎじゅつを競(きそ)う試合(しあい)がおこなわれたり、グライダーのそうじゅうの練習(れんしゅう)のため日本中(にほんじゅう)から多(おお)くの人(ひと)がおとずれます。

グライダーってどんなのりものですか?

グライダーの写真

グライダーはエンジンもプロペラもつかわずに風(かぜ)や空気(くうき)のながれにのって空(そら)をとぶのりものです。とてもしずかなのりものです。

エンジンがないのにどうやってとぶのですか?

とぶときはウインチというとても強(つよ)い力(ちから)でひっぱる機械(きかい)で、たこあげをするようにひっぱってもらったり、エンジンのついているひこうきにひっぱってもらってとびます。

とびたつグライダーの写真
ウインチでひっぱってもらってとびたつグライダー。

とびたつプロペラ機とグライダー
プロペラひこうきにひっぱってもらってとびたつグライダー。

グライダーのそうじゅうせきを見(み)てみよう!

操縦席の写真

グライダーのパイロット(そうじゅうする人)が乗(の)りこむコックピット(そうじゅうせき)にはいろいろな機械(きかい)やメーターがあって、パイロットはメーターを見(み)ながら機械(きかい)をつかってグライダーをそうじゅうします。
機械(きかい)にはグライダーを上(うえ)や下(した)へそうさするためのそうじゅうかんや右(みぎ)や左(ひだり)に向(む)きをかえるラダーのほか、下にいる人とれんらくをするためのむせんや方角(ほうがく)を知(し)るためのコンパスなどがあります。そうじゅうかんは手(て)で、ラダーは足(あし)でそうさします。
メーターにはグライダーの速(はや)さを知(し)るためのそくどけいや飛(と)んでいる高(たか)さを知(し)るためのこうどけいなどがあります。

操縦席から見える風景の写真
そうじゅうせきからはこんなふうに見えます。

お問合せ

広報広聴課
電話:048-524-1111(内線212)
ファックス:048-520-2870
この担当課にメールを送る