愛染明王(あいぜんみょうおう)

更新日:2020年6月4日

染色業者(せんしょくぎょうしゃ)から厚(あつ)い信仰(しんこう)を受(う)けた愛染明王(あいぜんみょうおう)

 市内下川上(しないしもかわかみ)にある宝乗院愛染堂(ほうじょういんあいぜんどう)には、愛染明王(あいぜんみょうおう)が祀(まつ)られています。この愛染明王像(あいぜんみょうおうぞう)は、平安時代末期(へいあんじだいまっき)に、星川(ほしかわ)で洪水(こうずい)があった際(さい)に、当地(とうち)に流(なが)れ着(つ)いたという逸話(いつわ)が残(のこ)されています。また日本一木三体像(にほんいちぼくさんたいぞう)の一(ひと)つであるとの言(い)い伝(つた)えもあります。一木三体(いちぼくさんたい)の像(ぞう)とは、一本(いっぽん)の木(き)から造(つく)り出(だ)された三体(さんたい)の仏像(ぶつぞう)のことです。他(ほか)の二体(にたい)は、それぞれ陸奥国(むつのくに)と筑紫国(つくしのくに)にあるといわれていますが、その有(あ)り処(どころ)は不明(ふめい)です。
 「愛(あい)の仏(ほとけ)」として、愛染明王(あいぜんみょうおう)は恋愛成就(れんあいじょうじゅ)や縁結(えんむす)びを願(ねが)う多(おお)くの人(ひと)に信仰(しんこう)され、江戸時代(えどじだい)には遠(とお)く江戸(えど)からも参拝(さんぱい)する人(ひと)が訪(おとず)れてにぎわったようです。また愛染は「藍染(あいぞめ)」に通(つう)じることから、関東一円(かんとういちえん)の染色業者(せんしょくぎょうしゃ)から厚(あつ)い信仰(しんこう)を集(あつ)めました。堂内(どうない)には、染色業者(せんしょくぎょうしゃ)から奉納(ほうのう)された絵馬(えま)などが残(のこ)されています。
 愛染明王(あいぜんみょうおう)は、1988年(ねん)11月(がつ)3日(か)に熊谷市(くまがやし)の有形(ゆうけい)民俗(みんぞく)文化財(ぶんかざい)に指定(してい)されています。

愛染明王

お問合せ

江南文化財センター
電話:048-536-5062(直通)
ファクス:048-536-4575
この担当課にメールを送る