根岸家長屋門(ねぎしけながやもん)

更新日:2013年7月11日

幕末(ばくまつ)の時代(じだい)を彩(いろど)った門(もん)

 江戸時代(えどじだい)につくられた根岸家長屋門(ねぎしけながやもん)は幕末(ばくまつ)に活躍(かつやく)した根岸友山(ねぎしゆうざん)・武香(たけか)の生(う)まれた家(いえ)の正面(しょうめん)の門(もん)であり、その規模(きぼ)は、幅(はば)13間(げん)、奥行(おくゆ)き3間(げん)、屋根(やね)の高(たか)さ10メートルです。正面(しょうめん)の左側(ひだりがわ)は剣術道場(けんじゅつどうじょう)の「振武所(しんぶしょ)」として使(つか)われました。幕末(ばくまつ)から明治(めいじ)にかけて、多(おお)くの著名人(ちょめいじん)が訪(おとず)れました。熊谷市(くまがやし)の文化財建造物(ぶんかざいけんぞうぶつ)に指定(してい)されています。

春の根岸家長屋門

根岸家長屋門(ねぎしけながやもん)の前(まえ)には桜(さくら)が植(う)えられており、花(はな)が咲(さ)く春(はる)や紅葉(こうよう)する秋(あき)の時期(じき)の景色(けしき)はとても美(うつく)しいです。

      根岸家長屋門

お問合せ

江南文化財センター
電話:048-536-5062(直通)
ファクス:048-536-4575
この担当課にメールを送る