宮塚古墳(みやづかこふん)

更新日:2013年3月13日

全国的(ぜんこくてき)にも珍(めず)しい古墳(こふん)

 宮塚古墳(みやづかこふん)、市内(しない)の広瀬(ひろせ)にあり、全国的(ぜんこくてき)にも珍(めず)しい上円下方墳(じょうえんかほうふん)という古墳(こふん)の形(かたち)をもち、昭和(しょうわ)31年に国指定史跡(くにしていしせき)として指定(してい)されました。上円下方墳(じょうえんかほうふん)とは、四角(しかく)の台(だい)の上(うえ)におまんじゅうのような土盛(ども)りがのる特殊(とくしゅ)な形(かたち)で、国内(こくない)でも余(あま)り例(れい)がありません。古墳(こふん)は、荒川左岸(あらかわさがん)の自然堤防(しぜんていぼう)の上(うえ)に立地(りっち)する広瀬古墳群(ひろせこふんぐん)の中(なか)にあり、上(うえ)の円(えん)の部分(ぶぶん)が直径(ちょっけい)約(やく)10m 、下(した)の四角(しかく)の部分(ぶぶん)が西側(にしがわ)の辺(へん)が24m 、東側(ひがしがわ)の辺(へん)が17m で、高(たか)さが4.15m です。古墳(こふん)ができた時期(じき)は、7世紀末頃(せいきまつごろ)(今(いま)から1300 年(ねん)くらい前(まえ)の古墳時代(こふんじだい)の終(お)わりごろ)と考(かんが)えられています。


宮塚古墳(みやづかこふん)

お問合せ

江南文化財センター
電話:048-536-5062(直通)
ファクス:048-536-4575
この担当課にメールを送る