熊谷市(くまがやし)のおさいふ~財政(ざいせい)について

更新日:2019年12月25日

熊谷市(くまがやし)のおさいふの中身(なかみ)はどうなっているの?

 歳入(さいにゅう)という熊谷市(くまがやし)に入(はい)ってくるお金(かね)と、歳出(さいしゅつ)という熊谷市(くまがやし)が使(つか)うお金(かね)があります。
 お金(かね)には、一般会計(いっぱんかいけい)と特別会計(とくべつかいけい)というものがありますが、ここでは一般会計(いっぱんかいけい)のお話(はなし)をします。

熊谷市(くまがやし)に入(はい)ってくるお金(かね)にはどのようなものがあるの?

 みなさんに納(おさ)めていただく税金(ぜいきん)が歳入(さいにゅう)の半分(はんぶん)ぐらいになります。
 その他(ほか)に、国(くに)・県(けん)からもらうお金(かね)や、市(し)の施設(しせつ)などを利用(りよう)した方(かた)からいただくお金(かね)などがあります。

熊谷市(くまがやし)はどのようなことにお金(かね)を使(つか)っているの?

 お年寄(としより)り、障害(しょうがい)のある人、子育(こそだ)てをしている人(ひと)たちが安心(あんしん)して暮(く)らせるように福祉(ふくし)のためのお金(かね)が一番(いちばん)多(おお)くなっています。
 その他(ほか)にも、道路(どうろ)や公園(こうえん)をつくったり、学校(がっこう)の体育館(たいいくかん)を建(た)て替(か)えたりと、身(み)の回(まわ)りのさまざまなことにお金(かね)を使(つか)っています。

おさいふの大(おお)きさはどのくらいなの?

 平成(へいせい)30年(ねん)4月(がつ)1日(ついたち)からの1年間(ねんかん)で695億(おく)7,608万円(まんえん)のお金(かね)が熊谷市(くまがやし)のおさいふに入(はい)り、そのうち648億(おく)2,689万円(まんえん)を使(つか)いました。
 みなさんからお預(あず)かりした大切(たいせつ)なお金(かね)ですので、有効(ゆうこう)に使(つか)えるように、やりくりをしています。

予算(よさん)・決算(けっさん)ってなに?

 熊谷市(くまがやし)が1年間(ねんかん)にどのようなことにいくらくらいお金(かね)を使(つか)うのかを決(き)めるのが、予算(よさん)です。
 そして、1年間(ねんかん)が終(お)わったあとに、実際(じっさい)にいくらお金(かね)を使(つか)ったのかを計算(けいさん)し、報告(ほうこく)するのが決算(けっさん)です。

熊谷市(くまがやし)の貯金(ちょきん)(基金(ききん))はいくらあるの?

 いろいろな目的(もくてき)のための貯金(ちょきん)がありますが、いざという時(とき)のための貯金(ちょきん)である財政調整基金(ざいせいちょうせいききん)の残高(ざんだか)は平成(へいせい)30年度末(ねんどまつ)で約(やく)95億円(おくえん)あります。
 なお、熊谷市(くまがやし)の全部(ぜんぶ)の貯金(ちょきん)を合(あ)わせると約(やく)218億円(おくえん)になります。

では、借金(しゃっきん)(市債残高(しさいざんだか))はいくらあるの?

 平成(へいせい)30年度末(ねんどまつ)で約(やく)353億円(おくえん)あります。
 みなさんの世代(せだい)に負担(ふたん)をかけないよう毎年(まいとし)着実(ちゃくじつ)に残高(ざんだか)を減(へ)らしています。
 熊谷市(くまがやし)が合併(がっぺい)したころ(平成(へいせい)18年度末(ねんどまつ))と比(くら)べると約(やく)172億円(おくえん)も減(へ)りました。

熊谷市(くまがやし)のやりくりの状況(じょうきょう)(財政状況(ざいせいじょうきょう))はどうなの?

 熊谷市(くまがやし)は、平成(へいせい)29年度(ねんど)に比(くら)べて、みなさんから納(おさ)めていただいた税金(ぜいきん)などが増えたことにより収入(しゅうにゅう)が増加(ぞうか)しました。また、ラグビーワールドカップ2019(TM)の試合(しあい)を熊谷市(くまがやし)で行(おこな)うための準備(じゅんび)などにより、支出(ししゅつ)が増加しました。
 これからも、今(いま)まで以上(いじょう)に市民(しみん)のみなさんのお役(やく)に立(た)てるよう、おさいふの中身(なかみ)をよく確認(かくにん)して、大切(たいせつ)なお金(かね)を有効(ゆうこう)に使(つか)っていきたいと思(おも)います。

お問合せ

財政課
電話:048-524-1111(代表)内線240、241
この担当課にメールを送る