ごみをへらそう!

更新日:2018年1月16日

ごみがふえつづけると

ごみがふえると

ごみがふえると、ふえたごみを片(かた)づけるのにたくさんのお金(かね)がかかったり、水や空気がよごれて、人がすみづらくなってしまいます。
また、ごみをじょうずにリサイクルしないと、限(かぎ)られた資源(しげん)が少なくなってしまいます。
一人一人(ひとりひとり)がごみをへらしていき、少しでもごみをへらしましょう!

ごみがふえるとよくないことがたくさんおこります!
1グラムでもごみをへらしていくことが、わたしたちをそして地球(ちきゅう)を助(たす)けることになるのです!

熊谷市のごみはどうなっているの?

ごみをへらす合言葉(あいことば)!5R(ファイブアール)!

スリーアールのイメージ

5Rはごみをへらす合言葉(あいことば)です。

Refuse (リフューズ)、Reduce(リデュース)、Reuse(リユース)、Repair(リペア)、Recycle(リサイクル)の5つことばの「R」をまとめて5R(ファイブアール)と言います。

Refuse (リフューズ)は、ごみになるものをことわることです。

必要(ひつよう)ないものはもらわないようにしましょう。

Reduce(リデュース)は、ごみになるものをへらすことです。

必要(ひつよう)なものだけを買(か)って、つかいましょう。よぶんなものはごみになります。

Reuse(リユース)は、つかいおわったものをすてないでもう一度(いちど)つかうことです。

つかい捨(す)てのものはつかわないように心がけましょう。

Repair(リペア)は、壊(こわ)れたものをなおしてつかうことです。

壊(こわ)れたものをなおして大切につかいましょう。

Recycle(リサイクル)は、資源(しげん)ごみをもう一度使える資源(しげん)にして使うことです。

ごみが新しく生まれかわることです。

注意

リサイクルはしっかり分別(ぶんべつ)されていないとできません。

どうすればごみをへらせるの?

  1. ひつようなもの以外(いがい)は買わない
  2. 買い物のときはレジぶくろはつかわず、マイバッグをつかう
  3. つかい捨(す)てのものはつかわない
  4. ごみとなったものをしっかり分別(ぶんべつ)してからすてる
  5. エコマークグリーンマークのついたものをつかう

ほかにもごみをへらせる方法はあります!みんなが気をつければごみはへらせます!みなさんもごみをへらすくふうをしてみましょう。

エコマークの画像
エコマーク

グリーンマークの画像

お問合せ

環境推進課(江南庁舎)
電話:048-536-1521(代表)内線216、217
ファックス:048-536-2009
この担当課にメールを送る