熊谷地方気象台「気象防災ワークショップ(市職員向け)」を実施しました

更新日:2019年5月28日

日時

令和元年5月22日(水曜日)13時30分~16時

対象

災害対応業務に携わる市職員16名

内容

洪水災害が発生するおそれがある状況において、気象庁などから提供される様々な情報を参照しながら、体制の強化や避難勧告等の発令のタイミングなどについて検討・発表した。
また、わが市の災害対策における課題や、改善のための施策について議論した。


気象台による状況設定


多数の気象情報をもとに議論


各グループ毎に気象台職員が助言を加える


意見や対応策をグループ内で検討・集約


意見発表、判断の根拠を説明


発表後、注意すべきポイントを解説(気象台)


災害対応の難しさや対策案を班ごとに発表


全体講評(気象台)

ワークショップを終えて

限られた時間の中で、多数の気象情報(台風情報、警報級の可能性、流域雨量指数、高解像度降水ナウキャスト等)を参照しながら、避難の判断や住民への広報手段を決定していく過程が体験できた。

参加者の声

  • 短時間での判断は困難であった。しかし、実際にはより一層、時間がないだろうとも思った。
  • 気象台スタッフの助言が大変参考になった。
  • 扱うデータが多く、処理しきれなかった。
  • 討議の形式は良いと思った。ただし、事前の予習が必要と感じた。
  • 専門的なシミュレーションは勉強になった。今後も気象情報に注意を払い、本日の研修を活かしていきたい。

お問合せ

危機管理課
電話:048-524-1111(代表)内線333
ファックス:048-525-9051
この担当課にメールを送る