5段階の「警戒レベル」で避難のタイミングをお知らせします

更新日:2019年6月3日

平成30年7月豪雨を教訓とし、内閣府「避難勧告等に関するガイドライン」が改訂され、市が出す避難情報と、国、都道府県が出す防災気象情報の「警戒レベル」が5段階に整理されました。

5段階の警戒レベルについては、以下のとおりです

警戒レベル1は、心構えを高める。警戒レベル2は、避難行動の確認。警戒レベル3は、避難に時間を要する高齢者等は避難する。警戒レベル4は、安全な場所へ全員避難すること。警戒レベル5は既に災害が発生しているので命を守る最善の行動をとること。

「警戒レベル」と避難行動等、避難情報等の一覧表

レベル (市民が取るべき)避難行動等 (気象庁や市が発表)避難情報等
警戒レベル5

既に災害が発生している状況です。
命を守るための最善の行動をとりましょう。

災害発生情報
(市町村が発令)
※災害が発生していることを把握した場合に、可能な範囲で発令

警戒レベル4
全員避難

速やかに避難先へ避難しましょう。
公的な避難場所までの移動が危険と思われる場合は、近くの安全な場所や、自宅内のより安全な場所に避難しましょう

避難勧告
避難指示(緊急※)
(市町村が発令)
※地域の状況に応じて緊急的または重ねて避難を促す場合等に発令

警戒レベル3
高齢者等は避難

避難に時間を要する人(ご高齢の方、障害のある方、乳幼児等)とその支援者は避難をしましょう。その他の人は、避難の準備を整えましょう。

避難準備・高齢者等避難開始
(市町村が発令)

警戒レベル2 避難に備え、ハザードマップ等により、自らの避難行動を確認しましょう。

洪水注意報
大雨注意報等
(気象庁が発表)

警戒レベル1 災害への心構えを高めましょう。

早期注意情報
(気象庁が発表)

※各種の情報は、警戒レベル1から5の順番で発表されるとは限りません。状況が急変することもあります。

参考資料

参考リンク

お問合せ

危機管理課
電話:048-524-1111(代表)内線333
ファクス:048-525-9051
この担当課にメールを送る