東京の子供たちを「熊谷の畑」にご招待、収穫体験&牛丼づくりを行いました【参入企業「ゼンショーファーム北関東」さん】。

更新日:2019年6月12日

株式会社ゼンショーファームとは・・・

「安心・安全な食を世界へ」をコンセプトに、食を中心とした事業を展開している株式会社ゼンショーホールディングスの子会社。栽培した野菜を自社が展開する飲食店に提供しています。
ゼンショーグループには、牛丼でお馴染みの「すき家」をはじめ、「ココス」、「はま寿司」等多数。
平成30年度、本市の大麻生地区の地権者のご理解をいただき、約3.7ヘクタールを借地し、タマネギやキャベツの栽培を開始しています。


広がるキャベツ畑


玉ねぎ収穫機など大型機械が並ぶ

「熊谷の畑」で収穫体験&牛丼づくりを行いました。

6月1日(土曜日)、東京から子供たち17名をご招待し、広々としたキャベツ畑で収穫体験を行いました。子供たちは、畑で育つキャベツに興味津々、顔よりも大きいキャベツの収穫に悪戦苦闘していました。
収穫したキャベツ、タマネギを使って、「すき家」のキッチンカーで牛丼を調理、みんなで楽しく、おいしく牛丼を平らげていました。


みんなそろって、収穫体験


真剣! 新鮮キャベツの収穫


みんなで調理


みんなで作った牛丼に舌鼓

株式会社ゼンショーファーム北関東 羽鳥社長のコメント

昨年来、熊谷の皆様にご支援をいただきながら、熊谷産の「安心・安全な野菜」を栽培しています〔S-GAP取得〕。栽培技術をさらに磨き、子供たちの笑顔が輝くような、地域への恩返しができれば最高です。地域の皆様には、引き続きよろしくお願いします。

お問合せ

農業委員会事務局(妻沼庁舎)
電話:048-588-9985(直通)
ファックス:048-588-1326
この担当課にメールを送る