このページの先頭です
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設案内
  • 市政情報
  • 観光・イベント
サイトメニューここまで


本文ここから

ようこそ市長の部屋へ(平成24年9月)

更新日:2012年9月28日

9月28日 ニュージーランド・インバーカーギル市サウスランド・ガールズ高校 市長表敬訪問

14名の生徒が市長を表敬訪問しました。

ニュージーランドと日本の国旗、サウスランド・ガールズ校旗を背景に記念撮影が行われました。

 熊谷市と姉妹都市であるニュージーランド・インバーカーギル市のサウスランド・ガールズ高校の生徒の皆さんが、市長を表敬訪問しました。
 生徒の皆さんは9月24日から10月1日まで滞在し、県立熊谷女子高校で生徒との交流を図りながら、生け花や書道、茶道や着物の着付け等の体験教室を通して日本の文化を学びます。今回で3回目となるこの受け入れは、姉妹校であった熊谷市立女子高校との関係を平成20年に県立熊谷女子高校が引き継ぐ形で始まりました。
 1週間の交流を通して相互理解を深め、広い視野を育んでいただきたいと思います。

9月26日 災害時における仮設トイレ等の供給に関する協定締結調印式

市長と市環境組合組合長が協定書に署名をする様子

協定締結後、市と環境衛生組合の関係者の記念撮影が行われました。

 地震等により大きな災害が発生した場合に、避難所へ仮設トイレ等の設置について優先的に協力を受けるため、熊谷市環境衛生組合と協定が締結されました。
 災害時におけるし尿処理は重要なライフラインの一つです。今回協定が結ばれたことにより、今後大きな災害が発生した場合に、公衆衛生の確保と市民生活の早期安定化が期待されます。

9月14日 熊谷農業高等学校生物生産工学科 鈴虫を市長に贈呈

愛情と熱意を持って鈴虫を育てた生徒さんたち。市長に飼育のコツについて話してくれました。

生徒さん達とともに鈴虫を囲んで記念撮影する市長。飼育箱の壁面には砂絵が描かれています。

 熊谷農業高等学校生物生産工学科の生徒さんから、愛情を注いで飼育した鈴虫を市長へ贈呈していただき、市長室にも秋の音色が訪れ、暑さが和らいだように感じました。
 同学科の鈴虫の飼育は、農業学習の一環として行われていて、昭和39年から毎年、皇室への鈴虫の献上を行っているそうです。

このページについてのお問合せは

秘書課
電話:048-524-1111(代表)内線204

この担当課にメールを送る

本文ここまで

ページの先頭へ

以下フッターです。

熊谷市役所

〒360-8601 埼玉県熊谷市宮町二丁目47番地1

電話:048-524-1111 FAX:048-520-2870

開庁時間:月曜から金曜まで(8時30分から17時15分まで)

Copyright © Kumagaya City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る