このページの先頭です
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設案内
  • 市政情報
  • 観光・イベント
サイトメニューここまで


本文ここから

おでかけ市長(平成22年10月)

更新日:2010年10月28日

10月28日 全国共済農業協同組合連合会様より交通安全普及車の贈呈

贈呈式にて関係者の皆様と

寄贈いただいた交通安全普及車

 全国共済農業協同組合連合会様より、「地域の交通事故対策の取り組み強化」のため、2台の交通安全普及車の寄贈があり、市役所本庁舎前で贈呈式が行われました。
 交通安全普及車「通称 白黒パト」は、白と黒の二色塗装され、遠方から一目で認識できるため、広報パトロールでも巡視効果が非常に高く、交通安全対策に大変効果があります。
 本市では、交通安全教室を年間100回以上開催するとともに交通安全街頭啓発や広報パトロール活動を実施しています。
 寄贈いただいた車両は、積極的に活用させていただきます。

10月17日 埼玉サイクリングフェスティバル

上田県知事、吉澤ひとみさん達とスタートする市長

景観を楽しみながらサイクリング

 自転車保有率日本一の埼玉県民の皆様に自転車や県内の魅力を再認識していただくため、埼玉県と熊谷市などが共催して「埼玉サイクリングフェスティバル」を開催しました。
 このイベントは、熊谷スポーツ文化公園をメイン会場に実施し、熊谷から深谷間に設けられたコースを順位やスピードを競わず、田園や利根川の大河など、豊かな景観を一望しながら気持ちよくサイクリングすることが目的の大会です。
 当日は上田県知事や埼玉応援団の吉澤ひとみさんとともに富岡市長も参加し、自転車で走行しました。
 また、会場では、B級グルメ、地産池消、交通安全フェア、ご当地ヒーローショーなどのたくさんの催しも行われ、多くの参加者・来場者が秋の熊谷を満喫していました。

10月17日 第18回外国人による日本語スピーチコンテスト

会場でご挨拶する市長

出場者の皆さん

 熊谷市国際交流協会が主催する「第18回外国人による日本語スピーチコンテスト」が商工会館で開催されました。
 このコンテストは、市内・近郊に在住・在勤・在学している外国の方々に、熊谷市の印象や在日して気がついたことなど、感じていることを日本語でスピーチしていただき、相互理解を深めることを目的として開催しています。
 140名ほどの観覧者が来場された中、今年は16名の方々が出場し、「お客様は神様です」をテーマに日本の接客マナーについて発表をした韓国出身の李 ナレ(い なれ)さんが最優秀賞を受賞しました。

10月13日 株式会社ベルク様より防犯パトロール車贈呈式

ベルク代表取締役社長 原島様より寄贈の様子

寄贈いただいたフィットへ乗車して出発の様子

 株式会社ベルク様より、「安全で安心して暮らせるまちづくり」実現のために、3台の青色回転灯防犯パトロール車の寄贈をいただき、市役所本庁舎前で贈呈式が行われました。
 青色回転灯防犯パトロール車「通称 青パト」は、青と白の二色塗装に加え、固定式の回転等を装備し、遠方から一目で認識できるため、巡視効果が非常に高く、犯罪抑止に大変効果があります。
 寄贈いただいた3台の車両は、大里・妻沼・江南の各行政センターに配備し、犯罪防止に活用させていただきます。

10月12日 平成22年度環境みらい都市認定証交付式

「環境みらい都市」認定証交付の様子

認定証を手に、上田県知事と市長

 熊谷市が平成22年度の「環境みらい都市」に認定され、埼玉県庁において、上田知事より富岡市長に認定証が交付されました。
 この認定は、埼玉県が、他の模範となる地球温暖化対策に積極的に取り組む市町村を「環境みらい都市」として認定し、その取組みを支援する制度です。
 本市は、暑さを逆手に取り、熱中症予防情報発信や熊谷駅前広場冷却ミスト事業、エコライフフェア、地球温暖化対策地域推進計画の策定など、ヒートアイランド対策を市民(団体)・事業者・市が一体となって先進的な取り組みを行っています。

このページについてのお問合せは

秘書課
電話:048-524-1111(代表)内線204

この担当課にメールを送る

本文ここまで

ページの先頭へ

以下フッターです。

熊谷市役所

〒360-8601 埼玉県熊谷市宮町二丁目47番地1

電話:048-524-1111 FAX:048-520-2870

開庁時間:月曜から金曜まで(8時30分から17時15分まで)

Copyright © Kumagaya City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る