このページの先頭です

15 暑いまち

更新日:2013年8月26日

メールの内容

熊谷市は、昨日まで多治見市と共に日本一暑いまちでしたが、本日、四万十市で41.0℃が記録されました。今年の関東甲信越での最高気温も熊谷市は一日も他の市町村より、暑い記録を出していませんね。熊谷市は、日本一暑いまちとして売っていますが、本日から日本一は外した方が良いと思われます。

回答(平成25年8月21日)

この度は、貴重なご意見をいただき、ありがとうございます。
本市では地域特有の夏の暑さを地域資源ととらえ、気持ちの熱さ、人情の厚さなどを「あついぞ!熊谷」というキャッチフレーズで表現し、平成17年から市民の様々な「あつい」まちづくり活動を応援してまいりました。
その後、平成19年8月16日に40.9℃の国内最高気温が記録されましたが、市といたしましては、当初から「日本一」などと暑さを競うのではなく、地域特有の暑さをまちづくりにどのように繋げていくか、暑さで脅かされる市民の健康をどのように守っていくかを念頭に置いて、暑さ対策に取り組んでまいりました。
今後も、気温の暑さを前向きに乗り越える「あつさ」をキーワードとした地域振興に向けた取組みや、市民の健康を第一に考えた暑さ対策を、さらに充実させていきたいと考えておりますので、ご理解をいただきたいと存じます。

このページについてのお問合せは

広報広聴課
電話:048-524-1111(内線206)、048-524-1156(直通) ファクス:048-520-2870

この担当課にメールを送る

本文ここまで