このページの先頭です

11 公共施設内を暴走する車両について

更新日:2013年7月9日

メールの内容

先日の夜(6月23日23時頃)の事ですが、江南総合グラウンド駐車場内で車が暴走(ドリフト走行)しており、周囲に騒音をまき散らしていました。警察にでも通報しようと思いましたが、こちらが様子を伺っているとすぐに逃げてしまいます。
ドリフト走行はタイヤカスをまき散らし、舗装を痛め、最悪、ハンドル操作を誤ると施設の破壊に繋がります。ただ、ドリフト走行の防止にはグルービング工法や段差舗装など、絶大な効果を上げている例が多々あります。
また、これは別の日の事ですが、江南総合公園内に原付バイクが乗り入れ、園内にある遊歩道(舗装されている遊歩道)が周回状になっているので、まるでレースをしているかの様にグルグル爆音をたてて、暴走しています。
江南総合公園の場合は完全に設計ミスで、埋没式チェーンポールとフェンス柵の間が広すぎるために悠々とバイクが入れます。循環器呼吸器病センター側のポールと柵の間なんて、見てもらえば一目瞭然です。まだ、ここ以外にも通り抜け可能な所は数か所有るようです。
両方の件、共に、騒音が激しい事、施設の破損にも繋がり兼ねない事、この様な事をする輩を集めない、徒党を組ませない、不良行為の防止、病院や住宅の真横で静寂や安全を必要とする環境を守る為にも、早急な対応をお願いできればと思います。

回答(平成25年7月5日)

江南総合公園は平成25年4月から指定管理者による管理運営となり、それに伴い現地事務所を開設しました。現地事務所に職員が勤務している時間帯は、駐車場以外の場所でのバイク進入を監視することができますが、夜間や早朝などは監視することが難しいのが現状です。
また、江南総合グラウンド駐車場は、現在、終日車両等の出入が可能な状況になっておりますが、今後は、グラウンド利用時間(8:30~22:00)以外は、駐車場出入口にロープ等を張り、進入を抑止することといたします。
あわせて、公園に隣接し、県立循環器呼吸器病センターもありますので、騒音防止等のため、本地域のパトロール強化を警察に依頼いたします。このため、駐車場以外の場所でのバイク侵入を禁止することを明示した看板を設置いたします。
今後も、市民の皆様が安心して利用できるよう適切な管理に努めてまいりますので、ご理解をいただきたいと存じます。

このページについてのお問合せは

広報広聴課
電話:048-524-1111(内線206)、048-524-1156(直通) ファクス:048-520-2870

この担当課にメールを送る

本文ここまで