このページの先頭です
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設案内
  • 市政情報
  • 観光・イベント
サイトメニューここまで


本文ここから

030 籠原駅周辺の駐輪場について

更新日:2009年5月8日

メールの内容

JR籠原駅を毎日利用していますが、北口に無料の駐輪場が無いため、北口駅前に放置自転車がたくさん置かれて大変邪魔です。
定期的に放置自転車の撤去が行われているのは見ていてわかるのですが、これは撤去すれば解決する問題ではないと思います。
南口には3か所も無料の駐輪場があるのに、北口には一つもありません。有料駐輪場はたくさんありますが、月極めの自転車でいっぱいで、1日駐輪はほとんど利用できません。 それに南口の無料駐輪場を利用しようと思っても、籠原駅構内の踏切(若竹幼稚園前の踏切)は、開かずの踏切で、朝夕の列車が多い時間は特に踏切が開きません。私は、踏切が開かず列車に間に合わなかったことが何回もあります。普通に考えて、このような状態で放置自転車が無くせるわけがありません。いくら撤去や張り紙をしても、全く意味がないのです。自転車が放置されているということは、必ず何らかの理由があります。その理由を解決しない限り、放置自転車は無くならないと思います。
JR東日本籠原運輸区の横の空きスペース(籠原まつりや駅からハイキングにしか使われていない場所)や、旧JR東日本籠原運輸区があった場所など、空地はいっぱいありますが、立体式の無料駐輪場(または市営の有料駐輪場)を作る予定はないのでしょうか?
周辺にある個人経営の有料駐輪場との兼ね合いもあるのでしょうが、このままの状態でいいとは絶対に思いません。熊谷駅にある「熊谷市立熊谷駅自転車駐車場」はとてもいいと思います。一般の月極め利用が2000円(学生が1500円)でとても良心的な値段で利用者にも優しいし、市の収入も確保できます。3・4回建ての立体駐輪場を作り、1日100円、月1500円位で貸すのが一番ベストだと思います。空きスペースを有効活用し、良い街にして下さい。宜しくお願いします。

回答(平成21年3月26日)

ご指摘をいただきましたJR東日本所有の空きスペースにつきましては、本市から自転車駐車場の設置を働きかけておりますが、実現には至っておりません。
また、現在、区画整理中の土地に隣接した駅東側のスペースにつきましては、この事業推進のために確保しているもので、自転車駐車場への利用ができない状況です。
しかしながら、JR東日本や民間自転車駐車場経営者等と協議を行い、自転車駐車場対策について引き続き検討してまいりますので、ご理解いただきたいと存じます。

このページについてのお問合せは

広報広聴課
電話:048-524-1111(内線212) ファクス:048-520-2870

この担当課にメールを送る

本文ここまで

ページの先頭へ

以下フッターです。

熊谷市役所

〒360-8601 埼玉県熊谷市宮町二丁目47番地1

電話:048-524-1111 FAX:048-520-2870

開庁時間:月曜から金曜まで(8時30分から17時15分まで)

Copyright © Kumagaya City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る