このページの先頭です

001 こども医療費給付について

更新日:2008年5月19日

メールの内容

 “市報くまがや”にて、子供の通院にかかる医療費の助成対象年齢が、以前の小学校就学前から、中学校卒業までに拡大されることを知りました。ビックリです。とてもすばらしいことで、子供を持つ親として大変助かります。本当にすばらしいです。他の地域でも小学校卒業までが一般的です。日本でもまだまだ少なく、市町村では画期的な対応で熊谷市民として誇りに思います。苦しい財政とは思いますが、市長さん、行政の方々も頑張ってください。
 今後は、是非とも熊谷地域の教育向上と、児童手当の東京都中央区なみに対象年齢の拡大を宜しくお願いします。
 先日、住宅取得を検討している深谷の友人に「医療費の助成対象が変わった」と話をしたところ、住宅を深谷市→籠原地区に変更を検討中と言っておりました。

回答(平成20年4月13日)

 市政への激励のメッセージをいただき、ありがとうございます。
 私は、“子育て支援”を市の重要な施策のひとつと位置づけています。そして、今年度から10年間の市政の方針となる「総合振興計画」の中で、「子育て応援プロジェクト」を掲げ、6月診療分から、医療費の助成対象を中学校卒業までに拡大いたしました。これは、埼玉県内では、鴻巣市についで2番目、医療機関での窓口支払いの無料化では、県内初の取組みです。
 この他にも、育児の助け合い制度であるファミリーサポートセンター事業の実施や子育て支援拠点の増設に向けて、作業を進めているところです。
 今後も、子育てを支援する取組みを研究し、“子育てするなら熊谷市”と言われるよう施策を実施してまいります。

このページについてのお問合せは

広報広聴課
電話:048-524-1111(内線212) ファクス:048-520-2870

この担当課にメールを送る

本文ここまで
サブナビゲーションここから
サブナビゲーションここまで