このページの先頭です

32 熊谷市の岩手県瓦礫受入れについて

更新日:2012年2月8日

メールの内容

4歳の子供を持つ母親です。福島第一原発の事故以来、毎日放射能の事を気にしながら不安な日々を送っておりますが、先日新聞で太平洋セメント熊谷工場にて岩手県の瓦礫を受入れて焼却する協議に入っているとの記事を目にしました。
私どもは熊谷工場の近隣に住んでおり、今の時点でも不安な日々を送っております上に更に岩手県の瓦礫を焼却するようなことがあっては不安は募るばかりです。
また、受入れ焼却に関し住民への詳細な説明等がなされないまま実行されてしまわないか心配でなりません。どうか受入れを中止していただきたくメールを差し上げた次第です。

回答(平成24年2月7日)

埼玉県から、東日本大震災により大量に発生した岩手県北部の災害廃棄物(木くず)を市内の太平洋セメント株式会社熊谷工場に受入れたい旨の要請がございました。
本市といたしましては、受け入れる災害廃棄物の安全性等につきまして、市民の皆様に正確に理解していただくことが何より重要であると考えております。 
このため、県には、さまざまな方法での情報発信や地元説明会の開催等を要請してまいりたいと考えております。
なお、災害廃棄物(木くず)の岩手県からの受入れの詳細につきましては、埼玉県のホームページをご覧ください。
参照HP:http://www.pref.saitama.lg.jp/page/kikuzunoukeire.html

このページについてのお問合せは

広報広聴課
電話:048-524-1111(内線206)、048-524-1156(直通) ファクス:048-520-2870

この担当課にメールを送る

本文ここまで
サブナビゲーションここから

平成23年4月から

サブナビゲーションここまで