このページの先頭です
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設案内
  • 市政情報
  • 観光・イベント
サイトメニューここまで


本文ここから

04 学校での児童の地震避難訓練、洪水避難訓練を早めにお願いします!

更新日:2011年5月10日

メールの内容

3月11日の地震以来、いつ埼玉県にも地震がおきても不思議ではない状態が続いています。連日のように地震警報がTVや携帯で流されているのですが、だんだん皆それに慣れてしまい、外に避難する人はあまりいなくなってしまいました。今回のように電気が使えなくなってしまった場合の避難訓練を学校などではしていないように思います。(放送を聞いてから逃げる状態)早急に電池式拡声器の確認など、停電の場合の避難訓練をしておいたほうがいいかと思います。
それと、今あまり考えたくはないですが、地球規模の異常気象が起きるということはここ何年も言われてきていて去年はオーストラリアなどでも、今まで起こらなかったところで大洪水がおきました。それが利根川荒川のある埼玉でこの5月や9月に起きない保障はありません。しかも地震続きで土手などの地盤が弱くなっている可能性があります。杞憂に終わることを願いたいですが、洪水のハザードマップは以前一度広報で入っただけで、避難訓練などは学校などでは、全くされてないと思います。洪水ハザードマップの存在を知らない方のほうが多いです。
想定外だったなどということのないように早急に対策、避難訓練を市、公共施設、学校などでお願いしたいです。それによって、企業やほかの方々の対策などもひろがっていくと思います。よろしくお願いします。

回答(平成23年4月26日)

東日本大震災により犠牲になられた皆様に謹んで哀悼の意を表すとともに、被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。
学校における避難訓練の実施状況につきましては、4月にはすでに新入生を迎え避難経路を確認し、さらに、この震災と頻繁に発生する余震と停電に対応して、避難経路はもとより待機場所や児童生徒の安全、拡声器や消火器、担架や医薬品などを確認する避難訓練を実施した学校もございます。
学校における避難訓練は、地震や洪水だけではなくすべての災害を想定して、避難経路や待機場所等を決め、実施しております。
今後も大きな余震の可能性が心配されますので、各学校には改めて危機管理意識を高め、児童生徒の安全確保を最優先として、安全指導の徹底を図ることを指導してまいります。
また、洪水ハザードマップや地震ハザードマップにつきましては、各世帯へ配布し、ホームページにも掲載しているほか、小学校の校区連絡会、市政宅配講座、自主防災組織の学習会において、担当職員が同マップを利用した説明を行い、周知を図っているところでございます。
市民の皆様の緊急時の避難行動等に活用していただけるよう、今後も周知に努めてまいります。

このページについてのお問合せは

広報広聴課
電話:048-524-1111(内線206)、048-524-1156(直通) ファクス:048-520-2870

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

平成23年4月〜

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで
ページの先頭へ

以下フッターです。

熊谷市役所

〒360-8601 埼玉県熊谷市宮町二丁目47番地1

電話:048-524-1111 FAX:048-520-2870

開庁時間:月曜から金曜まで(8時30分から17時15分まで)

Copyright © Kumagaya City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る