このページの先頭です

34 もっと子供の遊び場を!

更新日:2017年1月17日

メールの内容

 初めまして。昨年●月に熊谷市に転居してきました、5歳と2歳の子供を持つ母親です。熊谷市に引っ越してきてから、休日子供を連れて遊びに行ける施設が少なくていつも困っています。正直、子育てしにくい街だと思います。熊谷市に引っ越して後悔しているくらいです。
 太田市のB のくにという施設をご存知ですか。とても広く子供が喜ぶ遊具もたくさんあり清潔感もある素晴らしい施設です。太田市民はこちらの施設をとても安く利用できます。熊谷市にもこのような施設を作っていただけないでしょうか。一気に熊谷市の魅力が上がると思います。世の中で1 番大変なのは幼い子供を育てている母親だと思います。専業主婦は24 時間ずっと子供と一緒、兼業主婦でも一時育児を離れて仕事をしているとはいえ仕事が終わればすぐに子供のお迎え、夕ご飯の支度、お風呂、寝かしつけ、そして仕事が休みの日には子供をどこに連れて行こうか…どこかに連れて行ってもお金もかかる…熊谷市には魅力的な施設が全くないので途方に暮れます。どうか、子育てをもっとしやすい市にしてください。切実にお願いします。このままでは人口は減る一方だと思います。私も熊谷市がこのままならいずれまた魅力的な市に転居したいです。

回答(平成28年10月6日)

 いただきました「市長へのメール」にお答えいたします。
 子どもの施設に関する貴重なご意見をお寄せいただきありがとうございます。市内の施設としては、19 か所に地域子育て支援拠点を開設し、子育て親子(おおむね3 歳未満の乳幼児と保護者)で安心して遊べる場、親同士の情報交換や交流の場を提供するとともに、育児不安等の相談、育児情報の提供など、施設ごとに工夫しながら地域の子育て親子に対する支援を行っています。
 土曜日または日曜日にも開設している主な施設は、熊谷市スポーツ・文化村「くまぴあ」内や商業施設イオン熊谷店内に開設する民間の地域子育て支援拠点施設があり、多くの親子の皆さんに利用されています。
 また、「くまぴあ」は、子どもから高齢者までの幅広い世代の市民が、生涯にわたってスポーツ・文化に親しむことのできる生涯学習センターとして整備しており、親子ふれあいルームのほか、料理や音楽・演劇専用の貸し施設や平和資料展示室など、気軽にご利用いただける複合施設となっています。
 なお、地域子育て支援拠点19 か所の場所、開設日・時間など詳細につきましては、市ホームページで紹介しておりますので、ご利用の際にはご確認くださいますようお願いいたします。

このページについてのお問合せは

広報広聴課
電話:048-524-1111(内線206)、048-524-1156(直通) ファクス:048-520-2870

この担当課にメールを送る

本文ここまで
サブナビゲーションここから

平成28年4月から

サブナビゲーションここまで