このページの先頭です

51 学童を申し込み、保留中の手紙が来たが。

更新日:2017年3月27日

メールの内容

 学童の受け入れ態勢には積極的に取り組まれている熊谷市ですが、この度の申し込みの返信が「保留中」でした。保留期間が3月31日まで。ただ待っていれば、どうにかなるものなのでしょうか?私も妻も共働きで、基本的には妻が迎えに行きますが、私は仕事が会社員で営業をしているので、妻が遅れそうな場合は業務中に抜けて迎えに行っています。万が一「保留」が「受け入れ不可」になった場合、自宅に娘を一人で待機させておくのは、現状の熊谷市の治安?と言ったら大袈裟かも知れませんが、不審者や強盗、空き巣など日々市役所メールが送られて来る中、不安です。クラスを増やす等々の対策を迅速にお願いいたします。

回答(平成29年2月13日)

 いただきました「市長へのメール」に、お答えいたします。
 ご連絡いただきました●●小学校区の公立児童クラブについてお答えいたします。
 児童クラブにつきましては、平成27年度から年間3クラブ、5年で計15クラブの整備を計画しており、待機児童の状況や今後の入室希望人数見込、学校の余裕教室等を勘案しながら整備を行う地区を決定しております。平成29年度におきましても整備を予定しており、新年度の予算案が告示となる2月下旬には整備対象地区についてご説明できると思います。
 また、結果通知に関しましては、入室対象ではありますが、児童数が多いため、受け入れ可能人数に余裕が生じた段階まで待機していただく場合に「保留」、児童の下校時に既に保護者が帰宅することが可能であり、入室対象外となる場合に「不許可」とさせていただいております。
 引き続き、皆様のご意見も参考としながら市内の児童クラブについて整備を進めてまいりたいと考えておりますので、ご理解をいただきたいと存じます。

このページについてのお問合せは

広報広聴課
電話:048-524-1111(内線206)、048-524-1156(直通) ファクス:048-520-2870

この担当課にメールを送る

本文ここまで
サブナビゲーションここから

平成28年4月から

サブナビゲーションここまで