このページの先頭です

30 熊谷市の衰退について

更新日:2016年2月8日

メールの内容

 私は熊谷市で生まれ育って62年目になります。以前は活気に満ちた街だったように思います。週末ともなれば近隣の市町村から買い物客が押し寄せ大変賑わっていたように記憶しておりますが、近年では隣接した市町村の大型商業施設へ中学生などが電車やバスで買い物に行くそうです。街中は完全にさびれてしまい唯一賑わいのあった繁華街も殆どが閉店してしまい駅周辺のみになってしまいました。それでも時間帯によっては全く人通りが途絶え見る影もありません。人が集まる仕組みを作らないと益々老人だけが増え続ける行政コストだけがかさむ街になってしまいます。例えばラグビータウン熊谷と言っていますが県営のラグビー場があるだけで熊谷としては何をしていますか?もっと積極的にラグビーにかかわってはどうでしょうか?市民にルールブックを配布して熊谷市民はラグビーのルールを教えられるとか熊谷工業高校のラグビー部を復活させるとか、現在イギリスでラグビーワールドカップが開催され日本チームは初戦で優勝候補の南アフリカを撃破して国内でも人気高騰中です。四年後には日本が開催地となり熊谷にも何試合かが誘致される様です。こんな機会はそうそうありません。ラグビーでは何をとっても日本一になれる様な本当のラグビータウンを目指してはどうでしょうか?確か姉妹都市もニュージーランドのどこかだったのでは?徹底的にラグビータウンにこだわって見るとか?
 今何かをやらないと益々魅力のない街になってしまいます。どうか真剣に考えて下さい。
 回答はいつも貴重なご意見有難うございます。
 違った回答を期待します。

回答(平成27年10月7日)

 いただきました「市長へのメール」にお答えいたします。

 ラグビーワールドカップ2015イングランド大会での日本代表の活躍により、ラグビーがクローズアップされ、全国的に盛り上がっていることを、嬉しく思っております。
 2019年の次回大会では、世界中からお見えになる方々とともに同じ感動を味わい、熊谷市がラグビータウンとして輝き続けられるよう、全力で取り組んでまいります。

このページについてのお問合せは

広報広聴課
電話:048-524-1111(内線206)、048-524-1156(直通) ファクス:048-520-2870

この担当課にメールを送る

本文ここまで
サブナビゲーションここから

平成27年4月から

サブナビゲーションここまで