このページの先頭です
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設案内
  • 市政情報
  • 観光・イベント
サイトメニューここまで


本文ここから

赤ちゃんが生まれたら!【出産育児一時金】

更新日:2016年5月17日

出産育児一時金とは、熊谷市国民健康保険加入者が出産(妊娠12週以上であれば生産・死産問わない)したときに、熊谷市国民健康保険から42万円を支給する制度です。

*ただし、産科医療補償制度未加入の医療機関での出産の場合や妊娠22週未満の出産(死産)の場合、海外での出産の場合は40万4千円の支給となります。

直接支払制度を利用することにより、出産育児一時金は医療機関に直接支払われますので、医療機関でのお支払は出産費用から42万円を差し引いた金額となります。
直接支払制度を利用するには、医療機関と【直接支払制度を利用する旨の合意文書】を取り交わしてください。(市役所での手続きは必要ありません。)

*以下の要件に該当する場合は市役所での出産育児一時金の申請手続きが必要です*

  • 医療機関への直接支払制度を利用し、出産(死産)費用が42万円未満であった場合
  • 医療機関への直接支払制度を利用しなかった場合
  • 海外での出産の場合

手続きに必要なもの

医療機関への直接支払制度を利用し、出産(死産)費用が42万円未満であったとき

  • 世帯主の印鑑
  • 預金通帳など、金融機関名・(支)店名・種別・口座番号・振込先名義人がわかるもの
  • 分娩者の保険証
  • 出産費用領収・明細書の写し
  • 直接支払制度を利用する旨の合意文書の写し
  • 死産証明書又は死亡届、死胎埋火葬許可証の写し(妊娠12週以上の死産の場合のみ)

医療機関への直接支払制度を利用しなかったとき

  • 世帯主の印鑑
  • 預金通帳など、金融機関名・(支)店名・種別・口座番号・振込先名義人のわかるもの
  • 分娩者の保険証
  • 出産費用領収・明細書の写し
  • 直接支払制度を利用しない旨の合意文書の写し
  • 死産証明書又は死亡届、死胎埋火葬許可証の写し(妊娠12週以上の死産の場合のみ)

海外での出産のとき

  • 世帯主の印鑑
  • 預金通帳など、銀行名・支店名・種別・口座番号・振込先名義人のわかるもの
  • 分娩者の保険証
  • 海外での出生証明書の写しとその日本語翻訳文
  • 海外での出産費用領収書の写しとその日本語翻訳文

手続きは窓口で

市役所保険年金課、大里行政センター、妻沼行政センター、江南行政センターの窓口で、世帯主が申請人として申請してください。

お問合せは

保険年金課
電話:048-524-1111 内線360
大里行政センター
電話:0493-39-4802
妻沼行政センター
電話:048-588-1321
江南行政センター 
電話:048-536-1521

このページについてのお問合せは

保険年金課国保給付係
電話:048-524-1111(代表)内線276 ファクス:048-525-7411

この担当課にメールを送る

本文ここまで

ページの先頭へ

以下フッターです。

熊谷市役所

〒360-8601 埼玉県熊谷市宮町二丁目47番地1

電話:048-524-1111 FAX:048-520-2870

開庁時間:月曜から金曜まで(8時30分から17時15分まで)

Copyright © Kumagaya City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る