このページの先頭です
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設案内
  • 市政情報
  • 観光・イベント
サイトメニューここまで


本文ここから

一部負担金及び食事代の減額(入院時)・高額外来診療の限度額

更新日:2018年4月1日

国民健康保険限度額適用認定証の交付

国民健康保険に加入している方が入院した際等の自己負担額及び高額外来診療の自己負担額について、医療機関での支払いが緩和されます。
医療機関の窓口に提示することで、入院時及び外来診療の一部負担金の支払いに自己負担限度額が適用される「国民健康保険限度額適用認定証」を交付します。なお、市民税非課税世帯の方には食事代の減額も可能となる「国民健康保険限度額適用・標準負担額減額認定証」を交付します。
注記:市民税非課税世帯とは、世帯主と国民健康保険加入者全員が市民税非課税の世帯のことをいいます。

国民健康保険限度額適用認定証

次のすべてに該当する方

  • 熊谷市の国民健康保険に加入している70歳未満の方で、市民税課税世帯の方
  • 自己負担限度額()を超える入院・外来医療費がかかる方
  • 国民健康保険税を滞納していない方

マークの説明

「自己負担限度額」については、下記のページをご参照ください。

国民健康保険限度額適用・標準負担額減額認定証

次のすべてに該当する方

  • 熊谷市の国民健康保険に加入している市民税非課税世帯の方
  • 自己負担限度額()を超える入院・外来医療費がかかる方
  • 国民健康保険税を滞納していない方

マークの説明

「自己負担限度額」については、下記のページをご参照ください。

入院時の食事代の減額

入院時の食事代
区分 食事代(1食)
標準負担額 460円
過去12ヶ月の入院日数が90日までの入院 210円
過去12ヶ月の入院日数が90日を超える入院 160円
70歳から75歳未満の人で、年金の控除額を80万円として計算した場合の世帯全員の必要経費・控除を引いた所得が0円になる世帯の人 100円

注記:食事代が減額になるのは市民税非課税世帯の方です。

ご注意ください。所得の申告はお済みでしょうか?

所得の申告がお済みでないと、負担限度額が上位になったり、適正な負担限度額の算定ができないことになります。
所得の申告がお済みでない方は、事前に、申告していただくようお願いいたします。
(ご不明な点は、市民税課 048-524-1111 内線247へお問合せください。)

後期高齢者医療限度額適用・標準負担額減額認定証の交付

後期高齢者医療制度に加入されている方が入院した際の自己負担額及び高額外来診療の自己負担額についても、支払いが緩和されます。
医療機関の窓口に提示することで、入院時及び外来診療の一部負担金の支払いに自己負担限度額が適用される「後期高齢者医療限度額適用・標準負担額減額認定証」を交付します。交付には申請が必要となります。
また、交付対象者は、世帯全員が住民税非課税の世帯の方となります。
詳しくは、埼玉県後期高齢者医療広域連合ホームページを参照して下さい。

申請方法

  • 国民健康保険証または後期高齢者医療被保険者証
  • 印鑑(朱肉を使うもの)
  • マイナンバーがわかるもの。国保の方は、併せて世帯主のマイナンバーがわかるもの
  • 窓口に来られる方の身分証明書

を持って、市役所1階4番窓口 保険年金課で申請してください。

認定証の更新

認定証の有効期限は原則毎年7月末日です。
国民健康保険の方で、引き続き認定を希望する方は、8月以降に再度申請してください。
後期高齢者医療の方で新年度も引き続き非課税世帯に属する方は、7月下旬までに認定証をお送りしますので、申請する必要はありません。

問合せ

  • 保険年金課国保給付係(電話:048-524-1111 内線279)
  • 後期高齢者医療係(電話:048-524-1111 内線278)

このページについてのお問合せは

保険年金課国保給付係
電話:電話:048-524-1111 内線279 ファクス:048-525-7411

この担当課にメールを送る

本文ここまで

ページの先頭へ

以下フッターです。

熊谷市役所

〒360-8601 埼玉県熊谷市宮町二丁目47番地1

電話:048-524-1111 FAX:048-520-2870

開庁時間:月曜から金曜まで(8時30分から17時15分まで)

Copyright © Kumagaya City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る