このページの先頭です

「STOPコロナ」子育て世帯学校給食応援事業

更新日:2022年5月12日

給食に使う食材価格が上昇し、給食費が足りません

学校給食費はパン、御飯、麺、牛乳を始め肉、野菜等給食の材料を購入するための費用として児童生徒の保護者に負担いただいているものです。本市の学校給食費は平成26年4月に改定して以来、据え置いてきましたが、近年の食材価格の値上がりにより、価格の安定した食材に切り替えるなど対応をしてきました。今年度になってもさらに値上がりを続けることが予想され、このままでは児童生徒の成長のため給食に求められる基準栄養量の確保が難しくなります。

児童生徒においしい給食を届けるために

そこで、令和4年度においては、食材費用の値上がり分として児童生徒1人当たり月200円を市が負担(無料化)する「STOPコロナ」子育て世帯学校給食応援事業を実施しています。これにより保護者の皆さんが負担する給食費を値上げすることなく、不足する食材購入費用を補い、子供たちにおいしく、楽しい給食を提供します。

給食費について考える

子育て支援の充実を図るため、本市ではこの「STOPコロナ」子育て世帯学校給食応援事業のほか、第三子以降の給食費を補助する給食費第三子以降無償化事業を実施しています。今後、補助事業の検討のために食材費等の上昇を鑑みた適正な給食費の価格を設定しておく必要があります。現在、熊谷市給食費等検討委員会において適正な給食費について検討を行っています。

このページについてのお問合せは

教育総務課
電話:048-524-1651(直通) ファクス:048-525-9330

この担当課にメールを送る

本文ここまで
サブナビゲーションここから
サブナビゲーションここまで