このページの先頭です
このページの本文へ移動
  • わたしたちのまち熊谷市
  • みんなのひろば
  • 市役所・市議会のしごと
  • 熊谷たんけん

サイトメニューここまで
現在のページ トップページ の中の キッズページ の中の わたしたちのまち熊谷市 の中の 熊谷(くまがや)のれきし の中の おおむかしの熊谷(くまがや)(2万年(まんねん)〜1700年前(ねんまえ)) のページです。

本文ここから

おおむかしの熊谷(くまがや)(2万年(まんねん)〜1700年前(ねんまえ))

更新日:2010年11月17日

 いまからだいたい2万年前まんねんまえころの熊谷くまがやにすんでいたひとたちは、いしでできた、やりやナイフを使つかって、かりをしていました。
 1万年前まんねんまえころの熊谷くまがやにすんでいたひとたちは、地面じめんにあなをほって、そのうえくさでできた屋根やねをかぶせたいえにすんでいました。いしでできたゆみをつかってかりをしたり、やくだものをとってきたり、さかなもつかまえてたべていました。またねんどをいて作った土器どき(なべみたいなもの)で料理りょうりもしていました。土器どきにはいろいろなもようをつけていました。
 いまから2000年前ねんまえころには、おこめつくるようになったので、んぼやはたけではたらくようになりました。



2万年前まんねんまえごろのいしでできたナイフ
このナイフで、いろいろなものをりました。



3000年前ねんまえくらいの土器どき
この土器どきで、料理りょうりをしていました。

このページについてのお問合せは

市史編さん室
電話:048-567-0355(直通) ファクス:048-589-2811

この担当課にメールを送る

本文ここまで

このページのトップに戻る 以下フッターです。
Copyright © Kumagaya City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る