このページの先頭です
このページの本文へ移動
  • わたしたちのまち熊谷市
  • みんなのひろば
  • 市役所・市議会のしごと
  • 熊谷たんけん

サイトメニューここまで

本文ここから

森田恒友(もりた つねとも)

更新日:2010年11月26日

セザンヌの影響えいきょうを受け、明治から昭和にかけて活躍かつやくした画家がか (1881〜1933年)

森田もりた恒友つねともは、明治めいじ14(1881)年に幡羅郡はたらぐん久保島くぼじまむら熊谷市くまがやし)に生まれました。明治35年、東京美術学校とうきょうびじゅつがっこうに入学後、独自どくじ画風がふうをきわめていきました。卒業そつぎょうし、挿絵さしえ画家がかとしても活躍かつやくする一方いっぽう大正たいしょう3〜4年の間、ヨーロッパにわたり、セザンヌの影響えいきょうを受けました。人生の後半こうはんにおいては、日本画にほんがえがき始め、田園でんえんや山川の風景画ふうけいが水墨画すいぼくがえがき、おおくの作品さくひんのこしました。

このページについてのお問合せは

江南文化財センター
電話:048-536-5062(直通) ファクス:048-536-4575

この担当課にメールを送る

本文ここまで

このページのトップに戻る 以下フッターです。
Copyright © Kumagaya City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る