このページの先頭です
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設案内
  • 市政情報
  • 観光・イベント
サイトメニューここまで


本文ここから

緑内障

更新日:2016年2月29日

 緑内障は、眼圧が高くなり眼の神経が障害され、視野が狭くなり見えなくなる病気です。加齢とともに発症してきます。最近は眼圧が高くないのに進行する正常眼圧緑内障(眼圧21mmHg 以下)が多いことがわかっています。強度近視等視神経の弱い人がなりやすいのですが、はっきりしたことは分かっていません。痛みなどの自覚症状がないので、気づかずに進行し、高度の視野狭窄きょうさくや視力低下に至ります。一度視神経が障害されると元に戻すことはできません。眼圧を下げることで進行を遅らせることがわかっているので、治療としては眼圧を下げることしかありません。早期に見つけて眼圧を管理(点眼薬)していくことがとても重要です。
 眼圧の仕組みは、眼球内を循環する水(房水ぼうすい)の入る量と出ていく量のバランスで決まり、水の排出ができなくなると眼圧が上がります。緑内障は、排出口のある隅角ぐうかくという部分で2 タイプに分けられ、隅角が広いタイプの開放隅角緑内障(正常眼圧緑内障を含む)は軽いかすみや疲れ目程度、ほとんど自覚症状がありません。隅角が狭いタイプの閉塞隅角緑内障は虹彩こうさいが隅角の排水口を塞ぎ、急激に眼圧が上がるので症状(緑内障発作)が出ます。激しい眼痛頭痛のため眼の病気とは思わずに脳外科へ運ばれることもあります。レーザーや手術で虹彩前後に交通路を作り、隅角を広げて眼圧を下げます。
 また、隅角が狭いとわかった人は、散瞳さんどう作用のある薬剤(内服薬や内視鏡などの検査で使う薬等)や暗い場所での読み書き等『瞳が広がる』ことを避ける必要があります。瞳が広がると隅角が閉塞し、緑内障発作を誘発するのです。白内障手術で厚い水晶体が取り除かれると隅角が広くなる効果があるので、早めに白内障手術をお勧めすることもあります。どちらのタイプも点眼薬やレーザー等で眼圧が下がりきらない時は房水を直接排出する通路を作る手術が必要になります。40 歳をすぎたら是非眼の健診を!特に自覚症状のない正常眼圧緑内障の発見には必須です。
 
 熊谷市医師会 高野 眞綾まや

このページについてのお問合せは

健康づくり課
電話:048-528-0601(直通) ファクス:048-528-0603

この担当課にメールを送る

本文ここまで

ページの先頭へ

以下フッターです。

熊谷市役所

〒360-8601 埼玉県熊谷市宮町二丁目47番地1

電話:048-524-1111 FAX:048-520-2870

開庁時間:月曜から金曜まで(8時30分から17時15分まで)

Copyright © Kumagaya City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る