このページの先頭です
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設案内
  • 市政情報
  • 観光・イベント
サイトメニューここまで


本文ここから

歯医者嫌い

更新日:2015年9月30日

 世の中に“歯医者に行くのが好き”という人はあまりいないと思います。ではなぜそんなに嫌なのか考えてみましょう。そしてそれらに対するお返事も入れてみました。
 痛くされそう→歯の治療は痛いもの
 麻酔が怖い→慣れなさい
 機械音がいや→仕方ないでしょう
 初めてだとどんな先生かわからないから不安→当たり前です
 椅子に座ったらまな板の鯉→ひたすら耐えなさい
 口を開けっ放しなので話せない恐怖→それが歯科医院です…。
 などなど、こんな返事がきたらそれは二度と歯医者なんて行きたくなくなるでしょう。年輩の患者さん達のお話を伺っていますと、かなり昔はこんなイメージだったのかなと想像させられます。
 しかし、現代ではインフォームドコンセント(患者が医師から十分な説明を受けた上での合意)が当たり前になっていますし、医療技術の発達とともに医療機器も進み色々と工夫されています。痛いから嫌われてきた歯科医達も、いかに痛くなく治療できるか日々悩み勉強しています。例えば、麻酔に使用する針にしても、今はかなり細くなったことで刺す時の痛みを軽減できているはずです。昔の針を見せてもらいましたら、今の3倍位の太さでぎょっとしました。さぞ痛かったでしょう…。
 ところで、少しでも歯医者嫌いにならない為にはどうしたら良いか。どんな病気でもそうですが早期発見、早期治療です。虫歯は小さければ治療も軽くて済みます。ちょっと削って詰めるだけ、それで麻酔が苦手ならば本格的な麻酔をせずに表面麻酔(ジェル状などの薬を歯茎に塗る)だけで済む場合もあります。虫歯が深くなってくると、初めは冷たいものにだけしみていた症状が、温かいものにもしみてきて…そうなると危険信号です。歯の中心にある神経にまで虫歯が達すると、いわゆる神経を抜く治療(経験者ならお分かりですね?)になり、歯は残すのですが、麻酔が効かないととても痛い治療です。麻酔は歯の部位や歯茎の状態によっても効きめが変わりますが、個人差もあり、また、その日の体調によっても左右されます。
 重症になればなるほど大きな治療になりますので、我慢せず、ぜひお早目に、また定期的にかかりつけの歯医者さんに行くことをお勧めします。
 熊谷市歯科医師会 仁平 淳子

このページについてのお問合せは

健康づくり課
電話:048-528-0601(直通) ファクス:048-528-0603

この担当課にメールを送る

本文ここまで

ページの先頭へ

以下フッターです。

熊谷市役所

〒360-8601 埼玉県熊谷市宮町二丁目47番地1

電話:048-524-1111 FAX:048-520-2870

開庁時間:月曜から金曜まで(8時30分から17時15分まで)

Copyright © Kumagaya City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る