このページの先頭です
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設案内
  • 市政情報
  • 観光・イベント
サイトメニューここまで


本文ここから

野菜をおいしく食べよう

更新日:2018年2月15日

埼玉県は日本有数の野菜生産県で、『野菜王国埼玉』と言われています。熊谷市でも多くの農産物が作られており、1年を通じて新鮮な野菜が手に入ります。野菜は加熱調理することで、たっぷり摂ることができます。そこで、『熊谷は、野菜をゆでてプラス1皿』をキャッチフレーズに、旬の野菜をたっぷり使ったレシピをご紹介します。

1日に摂りたい野菜の量をご存知ですか?

350グラム以上、小鉢5皿程度が1日に摂りたい野菜の量です。平成28年の国民健康・栄養調査によると埼玉県民は平均して50グラム以上不足しています。

生活習慣病予防・肥満予防のために野菜を食べましょう。

野菜は、

  • からだの調子を整える食物繊維・ビタミン・ミネラルが豊富です。
  • 食塩のナトリウムを排泄してくれるカリウムが豊富です。
  • 野菜の鮮やかな色素(カロテン、リコピン、アントシアンなど)や渋味は有害な活性酸素の働きを抑える抗酸化作用があり、血管や細胞を傷つけないようにしてくれます。

地元野菜を使用したヘルシーメニュー

地元でとれる旬な野菜を使って、美味しくヘルシー、そして簡単に作れるレシピです。

<新着レシピ>地元野菜のすいとん

寒い季節にピッタリ!体のあたたまる具だくさんの汁です。煮込めば、食欲がない時にも食べやすく、オススメです。

地元野菜のポトフ

じゃがいものビタミンCは加熱しても壊れにくいので、汁ごといただきましょう。かぶやブロッコリー、カリフラワーなどを入れても良いですね。

にんじんしりしり

にんじんは、目・皮膚・粘膜の健康を保つビタミンAに変わるカロテンが豊富!ビタミンAは脂溶性なので、油と一緒にとると、吸収率がアップします。

夏野菜のトマト煮ラタトゥイユ

塩だけで野菜の甘味が際立ちます。冷やしてつけ合わせにもできます。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページについてのお問合せは

熊谷保健センター
電話:048-526-5737(直通) ファクス:048-526-5933

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

熊谷は、野菜を茹でてプラス1皿

このページを見ている人はこんなページも見ています

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで
ページの先頭へ

以下フッターです。

熊谷市役所

〒360-8601 埼玉県熊谷市宮町二丁目47番地1

電話:048-524-1111 FAX:048-520-2870

開庁時間:月曜から金曜まで(8時30分から17時15分まで)

Copyright © Kumagaya City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る