このページの先頭です
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設案内
  • 市政情報
  • 観光・イベント
サイトメニューここまで


本文ここから

熱中症に注意しましょう!

更新日:2018年7月19日

熱中症に最大限の警戒が必要です!

連日の猛暑で、熱中症による救急搬送者が急増しています。
消防庁の発表によると、7月9日〜7月15日までの1週間に熱中症で搬送された人の数は、全国で9,956人(前の週の3.7倍)に上るとのことでした。
熱中症は誰にでも起こります。暑いときは無理せず休憩を取り、室内にいるときはエアコンを使用しましょう。また、自分だけでなく、周囲の人の体調も気にかけましょう。
高齢者や乳幼児、体調不良の方などは特に注意が必要です。

熱中症とは

熱中症は、気温が高いことなどで、身体の中の水分や塩分(ナトリウムなど)のバランスが崩れたり、体の調節機能が正常に働かなくなることによって引き起こされます。
人の身体は、常に熱を作り出す一方、汗をかいたり皮膚から熱を逃がすことで、体温の上昇を抑えています。
このような体温の調節機能がうまく働かず、体内の熱がこもり、体温が異常に上昇することで熱中症は起こります。

熱中症は予防が大切!

覚えておきたい『熱中症予防5つのポイント』です。

(1)高齢者は上手にエアコンを

高齢者や持病のある方は、暑さで徐々に体力が低下し、室内でも熱中症になることがあります。節電中でも上手にエアコンを使っていきましょう。
周りの方は、高齢者のいる部屋の温度に気を付けてください。

(2)暑くなる日は要注意

熱中症は、熱い環境に長時間さらされることにより発症します。特に、梅雨明けで急に暑くなる日は、体が暑さに慣れていないため要注意です。
また、夏の猛暑日も注意が必要です。湿度が高いと体からの汗の蒸発が妨げられ、体温が上昇しやすくなってしまいます。猛暑の時は、エアコンのきいた室内など、早めに涼しいところに避難しましょう。

(3)水分をこまめに補給

のどが渇く前に水分を補給しましょう。
汗には塩分が含まれています。大量の汗をかいたら、水分とともに塩分も取りましょう。ビールなどのアルコールを含む飲料は、かえって体内の水分を出してしまうため水分の補給にはならず、逆に危険です。また、高齢者は暑さやのどの渇きを感じにくい傾向がありますので、こまめに水分を補給しましょう。寝る前も忘れずに。

※体の中の水分が不足すると、熱中症、脳梗塞、心筋梗塞など、さまざまな健康障害のリスク要因となります。こまめな水分補給を心がけましょう。

(4)「おかしい!?」と思ったら病院へ

熱中症は、めまい、頭痛、吐き気、倦怠感などの症状から、ひどいときには意識を失い、命が危険になることもあります。
「おかしい」と思ったら、涼しいところに避難し、医療機関に相談しましょう。

(5)周りの人にも気配りを

自分のことだけでなく、ご近所で声を掛け合うなど、周りの人の体調にも気を配りましょう。
スポーツ等行事を実施するときは、気温や参加者の体調を考慮して熱中症を防ぎましょう。

こんな症状があったら熱中症を疑いましょう

軽度

めまい、たちくらみ、筋肉痛、手足のしびれ、気分が悪い、汗が止まらない、ボーっとする

中等度

頭痛、吐き気、体がだるい、虚脱感(体の力が入らない)、意識が何となくおかしい

重度

意識がない、けいれん、高い体温、呼びかけに対して返事がおかしい、まっすぐに歩けない、走れない

熱中症かもしれないと思ったら

意識の確認をし、おかしいときはすぐに救急隊を要請してください。その後涼しい場所へ避難。体を冷やしてください。意識の確認をし、意識がしっかりしているときは、医療機関へ相談してください。自宅で待機している間は涼しい場所へ移動してください。自力で水が飲める場合は水を飲んで、飲めないようならその方を医療機関に搬送して下さい。
熱中症かもしれない場合の対処法チャート

熱中症の情報はこちら

このページについてのお問合せは

健康づくり課
電話:048-528-0601(直通) ファクス:048-528-0603

この担当課にメールを送る

本文ここまで

ページの先頭へ

以下フッターです。

熊谷市役所

〒360-8601 埼玉県熊谷市宮町二丁目47番地1

電話:048-524-1111 FAX:048-520-2870

開庁時間:月曜から金曜まで(8時30分から17時15分まで)

Copyright © Kumagaya City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る