このページの先頭です

夏の暑さに負けない、健康体!

更新日:2019年8月1日

 灼熱の太陽と熱帯夜、私たちは皮膚の血管を拡げて発汗して体内の熱を外に排出し、体温調節をしています。日本のような高温多湿の環境では、体内の塩分・ミネラル・ビタミンなどのバランスが崩れ、発汗、血流による体温調整ができなくなると、体に熱がこもり、脳や臓器に巡る血液が減り、めまい・頭痛・けいれん・失神など生命の危機に至ることもあります。これが「熱中症」です。予防には質の良い睡眠や休養をとる事はもちろん、こまめな水分摂取が大切であるとされます。運動をする習慣、良質なタンパク質を摂取する食生活を心掛けて筋肉を付ければ、血液の循環も良くなります。真夏の暑い日中を避けて朝夕の涼しい時期に体操やウォーキングなどがお勧めです。

 空調設備が整っている余り、屋内外の温度差が大きい場所を頻繁に出入りすることになってしまうと、自律神経による調節機能がうまく行かなくなり、体のだるさ、疲れやすいなど様々な身体の不調、いわゆる「夏バテ」と呼ばれる症状になります。そこで、暑くなる時期に備えて「いい汗をかける体になっておくこと」が大切となります。皮膚の汗腺の機能を整えて、サラッとした臭わない汗をかいて、効率の良い体温調節ができるようにしておくのです。熱めのお湯での足湯や、ぬるめのお湯で15分程度の半身浴をします。

また、暑い時期には、さっぱりとした麺類などで済ませてしまいがちですが、これでは糖質が多く含まれている食品に偏ってしまいます。主食だけに偏らないで、体をつくるタンパク質や各種ビタミン等を摂取できるバランスの良い食生活を心掛けましょう。特に夏場の疲労回復にはビタミンB1(水溶性ビタミンでブドウ糖をエネルギーに変換する際に必要な栄養素)を多く含む豚肉料理、クエン酸を含むレモンや梅干し、酢などが効果的です。水分補給としてスポーツドリンク等もありますが、糖質が多く含まれている場合は注意が必要です。食欲が出ない、腹痛や下痢が多い時は、冷たいものの摂(と)りすぎで胃腸の機能が低下している場合もありますので、体を温める栄養バランスの良い食事にしましょう。

熊谷薬剤師会 坂田浩一

このページについてのお問合せは

健康づくり課
電話:048-528-0601(直通) ファクス:048-528-0603

この担当課にメールを送る

本文ここまで