このページの先頭です

~注目されている再生医療~  整形外科で受けられる再生医療とは?

更新日:2019年7月1日

整形外科の分野では、人工関節や骨の移植などによって機能を取り戻す、再生・再建のための治療が行われてきました。近年、再生医療による新たな治療法が加わり、根治に向けてさらに期待が高まっています。今回は整形外科における再生医療を紹介します。

細胞移植による再生医療
整形外科分野の細胞移植による再生医療は、体性幹細胞を中心に大学病院など一部の医療機関で始まっています。自分の骨盤から骨髄由来の幹細胞を採り出し、注射器で移植したり、患者さん自身の軟骨細胞を体外で培養し、軟骨欠損部に移植する「自家培養軟骨移植術」が行われています。

自分の血液を使った再生医療
筋肉、靭帯、腱などの損傷、関節の炎症や痛みを改善する目的で、自己血液を使用する方法が行われています。

スポーツ選手にとって、筋肉や靭帯損傷などの故障からの早期復帰はとても大切です。そこで、選手への負担が少なく、かつ損傷した組織の再生を促進し、治癒スピードを速める治療法として注目されてきたものの1つに、自分の血液中に含まれる血小板の働きを利用したPRP(多血小板血漿(しょう))療法があります。大リーガーである田中将大選手や大谷翔平選手なども行ったことで話題になりました。また、中高年に多い、変形性関節症による膝の炎症や痛み、アキレス腱の炎症、テニス肘などの慢性疾患の治療にもPRP療法が使われ始めています。

PRP療法って?
PRP療法は、血液中に含まれる血小板や白血球などの体細胞の働きを利用し、私たちに本来備わっている「治る力」を高め、治癒を目指す再生医療です。血小板には、止血作用とともに、成長因子を放出して損傷部分を修復する働きがあります。これらが損傷部位に直接働きかけて細胞増殖を促進し、修復機能を高め、自然治癒力によってけがや病気を治療します。
PRP療法は、現在のところ保険診療としては認められておらず、自由診療で行われています。また、再生医療を行うには厚生労働省に届出が義務付けられ、一定基準の安全性が確保されています。今後、ますます再生医療のニーズは高くなると思います。将来的に、保険診療で認められる時代になる事が期待されます。

熊谷市医師会 松田芳和

このページについてのお問合せは

健康づくり課
電話:048-528-0601(直通) ファクス:048-528-0603

この担当課にメールを送る

本文ここまで