このページの先頭です

歯周病と認知症

更新日:2021年2月1日

歯周病と認知症

 高齢化が進む日本では認知症と診断される患者さんが増え続けています。その中でも約7割を占めるのがアルツハイマー型認知症です。多くの場合、物忘れがきっかけで気付くことが多いのが特徴です。
症状としては、記憶障害や見当識障害、言語障害、視空間認知障害などがあります。なぜアルツハイマー型認知症になってしまうのでしょうか。
 アルツハイマー型認知症の原因としてはアミロイドベータ(Aβ)などの異常なタンパク質が脳に蓄積してしまうことが原因です。その結果、脳神経細胞が死んでしまい、脳が萎縮することで認知機能が低下してしまいます。
 アミロイドベータが脳に蓄積してしまう直接的な原因については長年にわたって不明とされていました。
 しかし2019年に九州大学と北京理工大学の研究チームは、歯周病菌であるジンジバリス菌(Pg菌)によってアミロイドベータが産生されることを、マウスを使った実験で発見しました。歯周病菌であるジンジバリス菌が、歯茎から血管を通って体内に侵入することでアミロイドベータが少しずつ脳に蓄積し、発症する可能性があると発表しました。それにより歯周病のケアが認知症予防に効果的であることが分かりました。
 また最近では歯周病と糖尿病、動脈硬化等との関係も分かってきています。
 歯周病は、初めのうち、皆さんが思っている以上に症状がなく、気付かないうちに徐々に進行していきます。最終的にはむし歯より歯周病で歯を失う人が多いのが現状です。歯磨きをするとちょっと血が出る、歯茎がむずむずする、歯が浮いた感じがする、歯が揺れている等は歯周病のサインです。
 症状のある人も、ない人も定期的な歯科受診により初期のうちに治療していくことが大切です。

熊谷市歯科医師会 曽根崎 彰一そねざき しょういち

このページについてのお問合せは

健康づくり課
電話:048-528-0601(直通) ファクス:048-528-0603

この担当課にメールを送る

本文ここまで