このページの先頭です

自殺予防対策~ゲートキーパー~

更新日:2022年10月1日

ゲートキーパーとは

 「ゲートキーパー」とは、悩んでいる人が示すサインに「気づき」、「声を掛け」、「話を聴いて」、必要な支援に「つなげ」、「見守る」人のことです。
 ひとりで悩みを抱え、精神的に追い詰められると、最悪の場合は自ら命を絶ってしまうこともあります。
 1人でも多くの方にゲートキーパーとしての意識を持っていただき、専門性の有無にかかわらず、それぞれの立場でできることから進んで行動を起こしていくことが、大切な人のいのちを守ります。

「いつもと違う」がキーワード

家族や仲間など身近な人が「いつもと違う」と気づいたら、勇気を出して声をかけてみませんか?

例えば

・食事量が減った
・普段より疲れた顔をしている
・ため息が目立つ
・口数が減った・・・など。

どのように声をかけたらよいのか分からない方へ

以下を参考にしてみましょう。

ゲートキーパーになろう!

※ゲートキーパーの心得やゲートキーパーとしてできること「悩んでいるあなたへ 支えたいあなたへ マンガで読む相談例」等も記載されています。

(既にゲートキーパーとして、誰かを支えている方への支援についてのページです。)

ゲートキーパー養成動画

その他・詳細

このページについてのお問合せは

熊谷保健センター
電話:048-526-5737(直通) ファクス:048-526-5933

この担当課にメールを送る

本文ここまで