このページの先頭です
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 施設案内
  • 市政情報
  • 観光・イベント
サイトメニューここまで


本文ここから

わたしの履歴書〜埼玉県へ実務研修派遣〜

更新日:2017年7月7日

総合政策部財政課 林主査(一般事務・平成16年4月1日)

都市計画課

なぜ、熊谷市を選んだのですか?

就職する業種として「公務員」を選択したとき、地元でもあり、思い出深い高校時代を過ごした熊谷市をより良くしたいと思い、熊谷市を受験しました。

今の部署の仕事内容を教えてください

財政課は、財政担当と予算担当に分かれて事務を行っていますが、私は財政担当として、主に熊谷市の財源の一部となる地方交付税の算定などの業務を行っています。

どのようなことに挑戦してきましたか?

危機管理室に所属していた際に、東日本大震災や竜巻災害などを経験しました。この時感じたことは、いざ災害時には、私たち市役所職員がしっかりしていないと市民生活に大きな支障が出てしまうということです。そのため、初めての取り組みとして職員を対象に災害が起こった際、どのように市民の安全や市役所の機能を取り戻せばよいのか事前にシミュレーションする「図上訓練」を実施し、担当しました。

実務研修先の埼玉県においてどのような仕事をしていましたか?

平成26年度から2年間、埼玉県企画財政部市町村課へ実務研修生として業務に当たりました。市町村課では公営企業担当として、県内市町村等が経営する水道事業や下水道事業などの予算・決算や経営に関する支援等に携わりました。
県の職員として、他市町村に出張する機会もあり、業務をとおして、熊谷市を客観的にみることができたことは貴重な経験でした。

埼玉県に派遣されて感じた県と市の違いはどんなところですか?

埼玉県での業務内容は、県民と直接関わる仕事というよりも、より広範囲で、また行政同士のやり取りがほとんどでした。そのため、派遣期間には県民と接する機会はほとんどありませんでした。
「より地域に近い仕事・職場」として市役所を就職先に決めましたが、実際に県で仕事をしてみると、あらためて「市役所の仕事は最も市民に近い仕事」だと実感し、やりがいを感じています。

実務研修での経験を今度どのように活かしていきたいですか?

実務研修で学んだことは「実務」だけではありません。国の動きや県内外の市町村の状況にも意識を向けるなど、広い視野、高い視点、様々な視座を持って業務に当たることの大切さを学びました。また、派遣時代の同僚も貴重な財産であり、「卒業」後も交流が続いています。市町村課には、私のほかにも国の職員、他市町村の職員など多くの派遣職員が在籍していました。他の市町村のいいところを吸収し、今後は熊谷市の発展に活かしていきたいです。

今後、どんな人になりたいですか?

熊谷市の職員からは、いつも「熊谷市がよくなるためにどうするか」・「市民が喜ぶためにはどうしよう」という意識が伝わってきます。
また、家族との時間や趣味を大切にしている人も多いです。そんな公私のメリハリが、仕事をするうえでのいいアイデアの源になっていると思います。
私もそんな仲間を見習い、仕事をしていきたいです。

このページについてのお問合せは

職員課
電話:048-524-1125(直通) ファクス:048-525-9222

この担当課にメールを送る

本文ここまで

ページの先頭へ

以下フッターです。

熊谷市役所

〒360-8601 埼玉県熊谷市宮町二丁目47番地1

電話:048-524-1111 FAX:048-520-2870

開庁時間:月曜から金曜まで(8時30分から17時15分まで)

Copyright © Kumagaya City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る