このページの先頭です

令和3年度熊谷市一般職の任期付職員採用試験(市史編さん専門員)を実施します

更新日:2022年1月6日

熊谷市史の編さん(特に地形・地質等に関する分野)ができる人材を募集します。

募集職種及び受験資格等

募集職種

募集
人数

任期

受験資格

市史編さん
専門員

1名

令和4年4月1日から
令和7年3月31日まで

次のアからウまでの要件のいずれかに該当する方
ア 学校教育法に定める大学(短期大学を除く。)又は大学院で自然地理学又は地質学に関する専門課程を専攻して卒業若しくは修了した方(令和4年3月31日までに卒業(修了)見込の方を含む。)
イ 自治体史(自然史に関する分野)の編さんに関する経歴を有する方
ウ 上記アと同等の専門知識を有する方

※ただし、地方公務員法16条の欠格条項に該当する方は受験できません。

採用試験案内・試験申込書

次のいずれかの方法で入手してください。
(1)以下からダウンロードする。

採用試験申込書は、A4サイズで2枚出力されますが、申込みの際は、A3サイズ1枚にしたものを提出してください。

(2)窓口で受け取る
  教育総務課(市役所本庁舎6階)、大里・妻沼・江南行政センター
  及び市史編さん室(妻沼中央公民館内)で配布します。
  配布期間は令和4年1月5日から31日まで。閉庁日には配布しません。

※上の方法で入手できない場合には、郵送請求もできます。
 申込書の郵送希望者は、「採用試験申込書請求<市史編さん専門員>」と朱書きした封筒に、120円切手を貼った角2型返信用封筒(宛先を明記したもの)を同封し、教育総務課宛(郵送先:〒360-8601 熊谷市宮町2丁目47番地1 熊谷市教育委員会教育総務課)に郵送してください。

申込方法等

申込期間

令和4年1月5日(水曜日)から令和4年1月31日(月曜日)まで
郵送又は教育総務課まで持参してください。
郵送の場合は、提出書類を入れた封筒の表に「受験申込書在中」と朱書きし、簡易書留で郵送してください。
窓口受付については、8時30分から17時15分までで、土曜日、日曜日及び祝日を除きます。

申込場所

熊谷市役所本庁舎 6階 教育総務課

提出書類

  • 試験申込書(A3サイズ)【要写真貼付】

※写真は上半身正面向きで最近6か月以内に撮影したものを貼付してください。

  • 自然地理学又は地質学に関する論文等の執筆実績調査書
  • 自治体史(自然史に関する分野)の編さんに関する経歴調査書
  • 最終学歴の卒業証明書(又は卒業見込証明書)

※コピー不可。必ず原本を提出してください。

  • 郵送による申込みの場合は、84円切手を貼った返信用封筒(長3号(23.5cm×12cm)で、返信先の郵便番号、住所及び氏名を記載したもの)

【注意事項】

  • 原則として書類不備の場合は、受付できません。
  • 提出書類は一切返却しません。
  • 申込書及び提出書類に虚偽の記載があった場合、採用取消になることがありますので、御注意ください。

試験の方法等

《第1次試験について》

日時:令和4年2月5日(土曜日) 8時30分受付開始
会場:熊谷市役所本庁舎 3階 303会議室
外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。周辺の地図はリンクをご確認ください。(Googleマップはこちら)(外部サイト)
※必ずマスクを着用の上お越しください。

持参するもの

  • 受験票
  • HBの鉛筆、消しゴム

試験の内容

  試験科目 内容
第1次試験 専門論文試験 市史編さん専門員として必要な知識、能力等について、筆記試験により行います。
作文試験 文章による表現力等について、筆記試験により行います。
第2次試験 面接試験 人物及び公務員としての適性等について、面接試験により行います。

  • 第2次試験は、第1次試験の合格者に対して実施します。

試験の合格発表等

  • 試験の合否については、試験ごとに全ての受験者に通知します。その際、合格者には、次の試験の日時等についてもあわせて通知します。
  • 不合格者には、開示請求がなくても郵送により試験結果(得点及び順位)を送付します。
  • 試験の合否に関する問合せには、一切お答えいたしません。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページについてのお問合せは

教育総務課
電話:048-524-1122(直通) ファクス:048-525-9330

本文ここまで
サブナビゲーションここから

任期付職員

サブナビゲーションここまで