このページの先頭です

ブルーサーマル

更新日:2022年3月14日

映画が絶賛公開中です!

2022年3月4日(金曜日)から、アニメ映画「ブルーサーマル」が全国公開されています!
全国の劇場から、「見上げたくなる熊谷の空」をぜひご覧ください。

メインビジュアル

  • 映画「ブルーサーマル」の公開を記念して、3月7日~12日に開催された「第62回全日本学生グライダー競技大会」の様子を切り取ったスペシャルムービーを作成しました!

このページの目次

ブルーサーマルとは

「ブルーサーマル-青凪大学体育会航空部-」は、「月刊コミック@バンチ」(新潮社)にて2015年から2018年まで連載された小沢かな先生作の漫画です。(全5巻)
エンジンを使用せず気流に乗って滑空する「グライダー」を題材としています。
2018年にVR実写映像化され、2022年3月4日にはアニメ映画が公開されます。
グライダーの聖地である熊谷市の「妻沼グライダー滑空場」が、主人公が所属する体育会航空部のホームグラウンド「M沼」として原作に登場します。

グライダーに関する詳しい情報はこちら

STORY

-空に恋し、グライダーに青春をかける、体育会航空部の大学生たちの物語-

高校時代、バレーボール一筋で頑張ってきた都留たまき。サークル活動や恋愛などで充実した、“普通の大学生活”に憧れ長崎から上京するも、入学早々とある事故でグライダーを傷つけてしまい、その弁償のために“体育会航空部”の雑用係をすることに。
思い描いていた大学生活とはかけ離れた環境に不満を抱いていたが…、主将である倉持の操縦するグライダーで初めて《空》へ飛び立った瞬間から、一面に広がるその美しさに魅了されていく。
(映画「ブルーサーマル」公式ホームページより)

聖地巡礼のススメ

原作には、市内の街並みやお店、名物などがたびたび登場します。つるたまたちの青春がつまった熊谷の街を原作と比較しながらお楽しみください。

ブルーサーマル×熊谷市聖地巡礼のススメ

熊谷市役所で、横断幕・キャラクターパネルを設置中

3月4日の映画公開を記念して、熊谷市役所本庁舎1階玄関付近で、横断幕や原作イラストの等身大キャラクターパネルを設置しています。
熊谷市役所にお立ち寄りの際はぜひご覧ください!
※設置場所等は予告なく変更する場合がありますのでご了承ください。

市報3月号で、「ブルーサーマル×熊谷市」特集記事掲載

市報令和4年3月号表紙

3月4日の映画公開を記念して、市報くまがや令和4年3月号で、「ブルーサーマル×熊谷市」特集記事を掲載しています。
映画の作品紹介や、学生グライダーの聖地である「妻沼滑空場」など熊谷市とグライダーとの関わりを紹介します。
キャラクターを演じる声優さんからのメッセージも必見!ぜひご覧ください!

市報の内容はこちらをご覧ください

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページについてのお問合せは

スポーツ観光課
電話:048-524-1760、048-524-1473(直通) ファクス:048-525-9335

この担当課にメールを送る

本文ここまで
サブナビゲーションここから
サブナビゲーションここまで