このページの先頭です

増加する中古自動車の売却トラブルにご注意を!

更新日:2023年3月30日

(独)国民生活センターから中古自動車の売却トラブルに関する注意喚起がありました。

相談事例

強引な勧・契約

 【事例1】査定時に強引に契約させられ、車を持っていかれた。
 【事例2】事業者が居座り帰らない様子だったので、やむなく契約してしまった。
 【事例3】勝手に契約したことにされていて、断ったらキャンセル料を請求された。

高額なキャンセル料の請求

 【事例4】契約後すぐにキャンセルを申し出たら、高額なキャンセル料を提示された。
 【事例5】高額なキャンセル料の算出明細が示されない。

契約後の査定額の減額

 【事例6】修復歴を告げ、2回も査定して決まった売却額が、突然減額された。
 【事例7】引き渡した10日後に、事業者から一方的に契約を解除すると言われた。

増加の背景等

  • 新車販売台数の減少と中古車買い取りの強化。
  • 契約当事者の高年齢化。

問題点

  • 十分な情報を持たない消費者に対して、その場で強引に契約を迫る。
  • 高額なキャンセル料の設定やキャンセル妨害。
  • 契約後に査定額を減額する。
  • 事業者が訪問した場合でも、車の売却は特定商取引法の規制対象外である。

消費者へのアドバイス

  • 査定の場では契約せず、一度冷静に考えましょう。
  • キャンセル条項など、事前に契約書をしっかり確認しましょう。
  • 査定サイトに書き込んだ情報で、複数社から勧誘されることがあります。
  • 修復歴や事故歴を事前に適切に告げていた場合、契約後の修復歴等を理由とした契約の解除や減額には応じる必要はありません。

おかしい!困った!と思ったら、お早めにご相談ください。

熊谷市消費生活センター(市役所1階市民相談室内)
048-524-7321(直通)
受付時間 9時30分から12時、13時から15時30分(土曜、日曜、祝日を除く)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページについてのお問合せは

市民活動推進課生活係
電話:048-524-1111(代表)内線286、048-524-1126(直通) ファクス:048-521-0520

この担当課にメールを送る

本文ここまで
サブナビゲーションここから

お知らせ

サブナビゲーションここまで